90s

つんく♂プロデュースのマイナーユニット3選! ピーク期ならではの失敗だった?

社会現象となったモーニング娘。を始め、数多くのアイドルをプロデュースしてきたつんく♂。
モー娘を交えたハロプロ・シャッフルユニットやミニモニ。も大ヒットとなり、“最強アイドル”松浦亜弥が衝撃のデビューを果たした2001年頃は、プロデュース活動のピーク期に当たるのではないか。

しかし、毎月4~5枚ペースでシングルをプロデュースするなど、怒涛の勢いで創作活動を続けていた中には「?」だった作品も紛れているわけで……。
今回は、短命終わったユニットに絞って振り返ってみたい。

「ワンギャル」:自ら「その他大勢」と名乗った!? 自虐的ユニット


この時期、TBS系深夜の情報バラエティ番組『ワンダフル』でアシスタントを務めていた女性タレントグループ「ワンダフルガールズ」、通称「ワンギャル」もつんく♂プロデュースでデビューしている。
『ワンダフル』自体は97年から放送されていたが、ワンギャル名義でCDデビューした12名は、2000年秋から1年に渡って番組を彩った第4期メンバーに当たる。
つんく♂プロデュースのマイナーユニット3選! ピーク期ならではの失敗だった?
ワンギャル

90年代は良くも悪くも話題を振りまいていた番組だったが、この頃はマンネリで低迷気味。テコ入れ的な意味もあって、この話が進んだと思われるが、結局シングル2枚で終わってしまった。

第1期メンバーは、釈由美子や二代目林家三平の妻である国分佐智子ら、現在も芸能界の第一線で活躍するタレントが思い当たるが、この時点のメンバーは相当なマニアでも中々思い出せないはずだ。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「つんく♂プロデュースのマイナーユニット3選! ピーク期ならではの失敗だった?」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    「失敗」というより「お遊び」だと思うんですけどね。大林さんなんかそうじゃん。限定にするのも話題性。全部が全部バカ売れさせようと思っていたら、こんなことやんないよ。

    2
  • ニャニャー 通報

    今更こんな記事出してどうするの、と言いたいところだけど、こんな失敗があってこそ成長出来るんじゃないの?

    1
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月23日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。