smadan

魚釣りをしながら社長面接。「釣り部採用」の狙いとは

魚釣りをしながら社長面接。「釣り部採用」の狙いとは
釣り部採用HPより『釣れれば大量・釣れなくても採用』

タクシー業界のドライバー不足が叫ばれる中、名古屋のタクシー会社、中央交通株式会社では、8月9日より、魚釣りをしながら面接を行う「釣り部採用」の募集を開始しました。
今回はこの独特な採用をプロデュースする、株式会社アドヴァンテージにお話を伺いました。

堅苦しい面接はやめて釣りに行こう


魚釣りをしながら社長面接。「釣り部採用」の狙いとは
中央交通株式会社 大和社長


――釣り部採用とは?

「堅苦しい面接はしないで、一緒に釣りに行きましょう。釣りをしながらざっくばらんに話をしてお互いの素を知り合いましょう。知り合った上で価値観が合えば一緒に働きましょう、という採用イベントです。当日朝に集合して、釣りを行う海や川、湖までバスで移動します。その後社長と釣りを楽しみながら面接という流れになっています。道具の貸し出しも行いますので、釣りに興味があれば、釣り初心者の方も歓迎です。8月9日に募集を開始してから、すでにちらほらと応募をいただいている状況です」

――ホームページを見ると『面接時の船代会社負担』『採用された方には希望の釣具10万円相当をプレゼント』とあり、採用に対する本気度を感じます。

「中央交通では社長さんや採用担当者さんが採用に対して非常に熱心で、就職説明会は全国で開始していますし、良い求職者がいれば遠方にも会いに行っています。フットワークが軽く、直近では福岡まで面接に出向いていました。釣具プレゼントについては、社員さんからも『一回辞めてもう一度受けなおそうかな』という声が出るほど、うらやましがられていますよ」

――釣り部採用はどのような経緯で実施されたのでしょうか。

「ひとつめの背景として、中央交通の社内にある『釣り部』の存在があります。社長さんが大の釣り好きで、一泊二日の旅行にたびたび出かけたりと、かなり本格的な活動をしています。もうひとつの背景としてはタクシー業界全体の人材不足ですね。シニア歓迎、ブランクありOK、未経験関係という部分はこれまでも打ち出していたのですが、それだけでは同業他社との差別化ができず、なかなか採用につながらないという悩みがありました。そこで中央交通独自の面白味として、釣り部の活動をアピールした採用活動をしてみてはどうだろう? ということで提案させていただいたことが、釣り部採用が生まれた経緯です。『もちろん仕事は頑張るけど、趣味の方も充実させていきたい』そう考える求職者さんはたくさんいるはずですし、その中でも『釣り』という部分で共感してもらい、入社していただきたいという思いがあります」

――従来の採用とは違う手法ですが、どんな方が応募してくることを想定していますか?

「『良い人に長く働いてもらいたい』というのが基本的な思いなので、そういう意味では採用の仕方こそ奇抜なんですが、求める人材像が変わったわけではなく、入り口を少し広げたというイメージです。中央交通では、仕事において『何をするか』だけでなく『誰と働くか』を大事にしているので、仕事だけではなく、釣りという共通の趣味を通じて内面の理解を深めていき、長く活躍してくれる方に出会いたいですね」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク