review

「ひよっこ」147話。なんというまったり感。あと9回しかないのに、話が終わる気がしないのはなぜ

       
連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第25週「大好き」第147回 9月20日(水)放送より。 
脚本:岡田惠和 演出: 福岡利武
「ひよっこ」147話。なんというまったり感。あと9回しかないのに、話が終わる気がしないのはなぜ
イラスト/小西りえこ

連続朝ドラレビュー 「ひよっこ」147話はこんな話


裏の広場で、女たち(みね子、世津子、愛子、早苗、鈴子、富)が集まって、語り合う。

「あかね坂独身女性の会」


この集まりを「あかね坂独身女性の会」と命名する早苗(シシド・カフカ)。「月時計会議」といい、クールな個人主義者のように見えて、早苗は案外、共同体好きである。そして、語り合うのが好きである。もし、早苗が好きになった男が革命家だったら革命やってそうだ。すぐ総括しそうだ。相手がドラマーで良かった、良かった。

冗談はともかく、「奥茨城村母の会」「月時計会議」「あかね坂独身女性の会」と共同体好きなのは、脚本家の岡田惠和であろう。前にも書いたと思うが、「おひさま」(11年)には「白紙同盟」というのがあったし、
「ちゅらさん」(01年)では、アパートのリビングでみんなよく集まっていた。峯田和伸、白石加代子、宮本信子、光石研、浅香航大の出ていた「奇跡の人」(16年)でもアパートの中庭でよく登場人物が集っていた。

さて、この日の主な議題は、女優を休んでアパートに身を隠している世津子(菅野美穂)問題と、愛子(和久井映見)の恋問題。

実(沢村一樹)問題以前に、叔父さん叔母さん問題がある。ひどい仕打ちに絶縁しようと思ったが、結局考え直す世津子。ほんとうに、このドラマでは、他人をやりこめるってことがない。相手のことを思って、すぐに刀を収めてしまう。それはとてもいいことだけれど、善意と悪意が相対化されないと、むしろなんだか収まりが悪い。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「ひよっこ」147話。なんというまったり感。あと9回しかないのに、話が終わる気がしないのはなぜ」の みんなの反応 1
  • かわいそう 通報

    歪んだ感性ですね。 世の中を善意で見れないあなたは。

    3
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「ひよっこ」

朝ドラ「ひよっこ」

家族のために懸命に生きる主人公と個性豊かな登場人物たち、そして笑いと涙のハートウォーミングなストーリーで 最高視聴率22.2%を記録したNHK連続テレビ小説。ヒロインのみね子を有村架純が演じた。2017年4月3日〜9月30日放送。

2017年9月21日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。