review

「ひよっこ」146話。記憶喪失の父の物語は、一種のタイムリープものである

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第25週「大好き」第146回 9月19日(火)放送より。 
脚本:岡田惠和 演出: 福岡利武
「ひよっこ」146話。記憶喪失の父の物語は、一種のタイムリープものである
イラスト/小西りえこ

連続朝ドラレビュー 「ひよっこ」146話はこんな話


世津子(菅野美穂)と、実(沢村一樹)は、各々の2年半の時間について、ある種の決着をつける。

あの時間が本当に私だけのものに


世津子は、2年半の時間について、誰にも話さず、私だけの思い出にするという。
記憶が戻ると、その間の記憶を失くしてしまうことがあると聞いた世津子は、
「そうすれば、ふたりの時間があなたのお父さんを苦しめないし、それにあの時間が本当に私だけのものになる」とみね子(有村架純)に語った。
なんという狂おしいほど甘美な話であろうか。究極の恋物語の出来上りだ。
145話で語られた、早苗「シシド・カフカ」の恋もすごい恋だが、こちらも相当。漫画家ふたりは、早苗と世津子の恋を漫画にするといいと思う。

一緒に生きていってくれ


奥茨城村では、実が、秘密みたいになるのは夫婦で良くない からと、東京でどうしていたかを、美代子(木村佳乃)に話して、夫婦で共有しようとしていた。
でも、美代子に「優しくて誠実で真面目で、相手のことをいつも考える。でも女ごころはあんまりわかってない」ところが変わってないと言われてしまう。

「男の人にはわからないから女ごころって言うんです」(美代子の名言)

あわせて読みたい

  • 「ひよっこ」土曜白石加代子劇場

    「ひよっこ」土曜白石加代子劇場

  • 「ひよっこ」面倒臭さには2種類ある

    「ひよっこ」面倒臭さには2種類ある

  • 「ひよっこ」終盤に来て、気になる点も

    「ひよっこ」終盤に来て、気になる点も

  • 「ひよっこ」みね子流れ弾に当たり復讐

    「ひよっこ」みね子流れ弾に当たり復讐

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2017年9月20日のレビュー記事
    「「ひよっこ」146話。記憶喪失の父の物語は、一種のタイムリープものである」の みんなの反応 2
    • さくらっこ 通報

      木村佳乃さん、可愛いと言われて照れまくったり、1度目と同じプロポーズの言葉に驚いた表情からうれし涙で頬を濡らす…そこで泣かされたあとで、柴田理恵さんの「こどわる」には笑っちゃいました。

      18
    • 匿名さん 通報

      そりゃあ、「男女関係」があった、なんて世津子はみね子に話せないだろうし、美代子も聴きたくないでしょう。と、映画と違ってNHKなので直接的に表現できなくて言外に匂わせたと解釈しました。

      2
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

    次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    ひよっこ

    ひよっこ

    NHK連続テレビ小説「ひよっこ」のレビュー連載。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース