本日夜9時からスタートする日曜劇場『陸王』。原作は同枠の大ヒット作『半沢直樹』や『下町ロケット』などを生み出した池井戸潤のベストセラー小説。これまで池井戸作品のドラマ化を手がけてきたスタッフが再集結し、鉄壁の布陣で送る秋ドラマの四番バッターだ。
池井戸潤ドラマ「陸王」今夜スタート。試写会場はすすり泣きの嵐、なんでこんなに泣けるのか
原作小説/集英社

ヒロインは阿川佐和子!? 個性的なキャスト陣



足袋の町・埼玉県行田市にある創業100年の足袋の老舗「こはぜ屋」社長・宮沢紘一が、周囲の人々と協力しながら新規事業としてランニングシューズ「陸王」開発に悪戦苦闘するという物語。キャッチフレーズは「感動の企業再生ストーリー」だ。

主演の宮沢紘一役は、連続テレビドラマ出演は15年ぶりとなる役所広司。業績が先細りになる中、資金繰りに苦悩する地方零細企業の四代目社長を演じる。異様なオーラも放たず、しょぼくれすぎでもない、本当に等身大の演技が見事。

主要キャストは、宮沢に反抗的な態度を取り続ける長男の大地役に山崎賢人、ダイワ食品の陸上競技部員・茂木裕人役に竹内涼真、宮沢の長女・茜役に上白石萌音、こはぜ屋を支援する埼玉中央銀行の融資担当・坂本太郎役に風間俊介、こはぜ屋の縫製課リーダー・正岡あけみ役に阿川佐和子、世界的なシューズメーカー・アトランティス社の営業担当・佐山淳司役に小籔千豊、アトランティス社の日本支社営業部長・小原賢治役にピエール瀧、「陸王」開発の鍵を握る男・飯山晴之役に寺尾聰という布陣。

ほかに、カリスマシューフィッター・村野役に市川右團次、宮沢を応援するランニングインストラクター・有村役に光石研、こはぜ屋の経理担当・富島役に志賀廣太郎、宮沢の妻・美枝子役に檀ふみ、埼玉中央銀行の支店長・家長役に桂雀々、茂木のチームメイト・平瀬役に「オールスター感謝祭」で快走を見せた和田正人、茂木のライバル・毛塚役に佐野岳がキャスティングされている。