池井戸潤原作、役所広司主演の日曜劇場『陸王』。老舗の足袋屋・こはぜ屋の面々がランニングシューズ“陸王”開発に奮闘する姿を描く。先週放送された第2話の視聴率は少し下がって14.0%。やっぱり1週空いたのが影響したようだ。

ところで先週は2019年放送の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』の出演者が発表されたが、『陸王』でライバルの大手シューズメーカー営業部長・小原役を演じるピエール瀧が、『いだてん』で“マラソン足袋”開発に打ち込む足袋屋役で出演することが判明して話題となった。中村勘九郎演じる主人公の金栗四三の名も『陸王』に登場していたし、さらに役所広司も金栗の恩師・嘉納治五郎役で出演するとあって、もはや『いだてん』と『陸王』は地続きのドラマだと言っていいんじゃないだろうか。しかし、嘉納治五郎って身長160センチ足らずのはずだけど、役所広司(179センチ)じゃ大きすぎない? 

ヤキが回っているが『アウトレイジ』感のない寺尾聰


「陸王」2話。役所広司と寺尾聰のプロポーズ合戦じゃないか。日曜の夜にふさわしい重厚なドラマ今夜も
イラスト/Morimori no moRi

それはさておき、第2話ではランニングシューズ“陸王”の鍵を握る男、飯山(寺尾聰)がクローズアップされた。ランニングシューズを作るにはソール(靴底)が肝心。だが、足袋屋のこはぜ屋にはソールを作る技術がない。そこで、坂本(風間俊介)から紹介された、繭で作られた特殊素材「シルクレイ」に着目する。その特許を持っているのが飯山というわけ。それにしても、坂本ちゃん、万能すぎる……。