review

「陸王」3話。腐っていた山崎賢人の目がついに輝いた。日曜の夜はこれを観て寝よう

池井戸潤原作、役所広司主演の日曜劇場『陸王』。老舗の足袋屋が会社の存続を賭けてランニングシューズの世界に殴り込みをかけようと奮闘する物語だ。先週放送された第3話の視聴率はグッと上がって15.0%。まだまだ尻上がりに上がっていく予感がする。

今週のミッションは山崎賢人問題


『陸王』は長編小説が原作だが、1話ずつ課題を設定し、そのエピソードの中で課題をクリアすることで視聴者は非常に高い満足度を得ることができるようになっている。脚本の八津弘幸の高い構成力のたまものだと思う。

第3話のファーストカットは宮沢(役所広司)の息子、大地(山崎賢人)のドアップ。山崎賢人ファンはたまらないだろう。これだけで「ああ、今回は大地の話なんだな」ということがわかる。非常に明快である。

今週のクリアすべきミッションは、第2話で陸王プロジェクトの一員となった飯山(寺尾聰)と一緒に「シルクレイ」を作り上げること、そして就活の失敗で腐っていた大地が働く喜びを知り、名実ともに陸王プロジェクトの一員となることだ。
「陸王」3話。腐っていた山崎賢人の目がついに輝いた。日曜の夜はこれを観て寝よう
イラスト/Morimori no moRi

飯山が運び込んできた「シルクレイ」を製造するための機械を見て、工学部卒の大地は関心を持ち、自然に手伝いをするようになる。飯山は「いい筋してるぜ」と認めているが、宮沢は大地のこれまでのいい加減な仕事ぶりに信用を置いていない。さりげなく大地をフォローするあけみさん(阿川佐和子)が今週もいい味出している。どうでもいいが、あけみさんがやる気や喜びを表すポーズが、ストーンコールド・スティーブ・オースティンのラトルスネークポーズと一緒。

あわせて読みたい

エキサイトレビューの記事をもっと見る
「「陸王」3話。腐っていた山崎賢人の目がついに輝いた。日曜の夜はこれを観て寝よう」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    なるほど、この曜日、この時間が相応しいか。 では、こんな感じの作品でなければ、この枠、視聴率とれないのでは❓

    3
  • 通報

    何が言いたいねん。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

陸王

陸王

ドラマ『陸王』レビュー記事一覧。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース