smadan

マッチョ社長が実践する集中力アップメソッド ダラダラ作業するくらいなら思い切りサボれ

「筋トレで世の中の悩みはほぼ全て解決できる」と説き、Twitterフォロワーが32万人を超えるマッチョ社長・Testosterone。本連載では、世の中の悩める男性に喝を入れ、筋トレによるライフハックを提案します。
マッチョ社長が実践する集中力アップメソッド ダラダラ作業するくらいなら思い切りサボれ

「この作業を早く片付けないといけない」と頭ではわかっていても続かない……。ランチ後や終業間際になるとなぜか集中できなくなる……。仕事でこんな悩みを抱える人は多いだろう。そこで今回は「集中力が続かない時」の対策を伝授したい。


カフェインは有効 ただし「缶コーヒー」には注意!


マッチョ社長が実践する集中力アップメソッド ダラダラ作業するくらいなら思い切りサボれ
画像はイメージ

眠くなったり、集中力が散漫になったときにはカフェインが有効だ。ご存知だと思うが、カフェインには覚醒作用がある。実はプロのアスリートもここぞという場面でカフェインを摂取していることも多い。サプリメントタイプのカフェインも存在するが、ブラックコーヒーでも十分に効果は期待できる。ただし、気をつけてほしいのが、「甘いコーヒー」は基本的にNGということ。結果的に集中力を削いでしまうことになりかねないからだ。

それはなぜか? 甘いコーヒーには砂糖がかなり含まれており、糖分を摂取すると、血糖値が急激に上昇する。すると、血糖値を正常な値に戻すために体内でインスリンが分泌されるのだが、この時の血糖値の乱高下でダルさや眠さを感じてしまうのだ。つまり、「よっしゃ、昼からの作業もがんばるぞ!」と気合いを入れるつもりで飲んだ甘い缶コーヒーが、実は集中力低下の原因になっていることもあるわけだ。
特に気をつけたいのが、“微糖”タイプの缶コーヒー。さも「ほのかに砂糖が入っている」というイメージを与えるネーミングだが、しっかりと糖分が含まれている。当然、血糖値の乱高下につながり、集中力をキープすることが難しくなる。集中するためにコーヒーを飲むなら「ブラックコーヒー一択」ということを覚えておいてほしい。


時間を区切って頭を切り替える


マッチョ社長が実践する集中力アップメソッド ダラダラ作業するくらいなら思い切りサボれ
画像はイメージ

集中力をキープするには、「時間を区切る」ことも有効だ。おすすめは、企画立案などの集中力が必要な作業を20分、メールの返信など集中力をあまり必要としない作業を10分というサイクルで回していくこと。これなら作業を進めながら頭を切り替えることができる。なおかつ、時間を区切ることで「締め切り」をその都度作り出すことができるため、集中力がグッと上がっていく。

ちなみに、僕がどうしても集中できなくなったら、実践しているのが昼寝だ。ほんのわずかでも仮眠すれば頭がスッキリする。あとは、YouTubeなど作業とは完全に違うことをやってリフレッシュする。ただし、リフレッシュしすぎてそのまま見続ける可能性もあるので「10分なら10分」とあらかじめ時間は決めておこう。ダラダラと作業をするぐらいなら、10分間は思いきりサボってリフレッシュした方が遥かに効率的である。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る

Testosteroneの筋肉仕事術

Testosteroneの筋肉仕事術

マッチョ社長・Testosteroneさんの連載記事。「筋トレで世の中の悩みはほぼ全て解決できる」と説き、Twitterのフォロワー40万人突破。世の中の悩める男に喝をいれ、筋トレによるライフハックを提案する。名言の数々を見逃すことなかれ。

お買いものリンク