review

「トドメの接吻」5話、山崎賢人と門脇麦が初めて交わした愛のキス「キスしてほしくなったら言って!」

2月4日に放送された『トドメの接吻』(日本テレビ系)の第5話。(関連)
「トドメの接吻」5話、山崎賢人と門脇麦が初めて交わした愛のキス「キスしてほしくなったら言って!」
「トドメの接吻」オリジナル・サウンドトラック
Ken Arai/バップ(2月28日発売予定)

キスとは本来、愛情表現のはずだが、このドラマではタイムリープの手段として描かれている。しかし、今回から趣きが変わってきた印象。明らかに愛が芽生えているのだ。

第5話あらすじ


助かるはずだった並樹グループ会長・並樹尊(山田明郷)が死去し、自分に惹かれていた美尊(新木優子)の態度が冷たくなった。
これらの異変を挽回するため、堂島旺太郎(山崎賢人)は佐藤宰子(門脇麦)へ無理矢理にキス。7日前にタイムリープした旺太郎は医師に連絡して尊の延命を図るが、処置が間に合わず尊は死去した。

「父さんはもういない。これから美尊のことを守っていけるのは僕だけだ」という理由で、尊氏(新田真剣佑)は美尊にプロポーズを申し込む。その上、12年前に起こった事故のクルーズ船船長は旺太郎の父親だと暴露する尊氏。

美尊 でも、ご両親は強盗に襲われたって……
尊氏 同情を買うための嘘だよな?
旺太郎 美尊さん、それは……
美尊 あなたの言うことはもう信じられない!

事態を改善するどころか、余計に立場を悪くしてしまった旺太郎。
「時間を7日戻したくらいじゃ変えられない!」(旺太郎)

キスは決して万能ではないと、旺太郎は気付き始めた。

「人生を変えるチャンス」と「母の重体」、旺太郎はどっちを選ぶ!?


尊氏の思惑通り事は進み、美尊との婚約披露パーティが開催される。旺太郎は会場に乗り込み、説得工作に出た。だが、旺太郎は美尊の信頼を失ってしまっている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年2月11日のレビュー記事
「「トドメの接吻」5話、山崎賢人と門脇麦が初めて交わした愛のキス「キスしてほしくなったら言って!」」の みんなの反応 1
  • みか 通報

    キスにおぞましさが伴っていたのは2話まで。3話からはおぞましさはないですよ。む

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トドメの接吻

トドメの接吻

『トドメの接吻』は、日本テレビで放送されている連続ドラマ。山崎賢人が演じる主人公のホストが、キスで相手を殺す女の手にかかり、死のタイムリープを繰り返すというサスペンスストーリー。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース