review

「トドメの接吻」4話まで何がどうなってるか。真剣佑闇堕ち、キスの契約を結んだ山崎賢人の強大な敵に

1月28日に放送された『トドメの接吻』(日本テレビ系)の第4話。(関連)
今回のテーマは、“幸せ”だ。この至極ポジティブで真っ当な2文字に向かい、「エイト」こと堂島旺太郎(山崎賢人)と並樹尊氏(新田真剣佑)の二人はなりふり構わぬ姿を見せることとなる。そして、佐藤宰子(門脇麦)も……。
「トドメの接吻」4話まで何がどうなってるか。真剣佑闇堕ち、キスの契約を結んだ山崎賢人の強大な敵に
「トドメの接吻」オリジナル・サウンドトラック
Ken Arai/バップ(2月28日発売予定)

キスが欲しくてビルから飛び降りる山崎賢人の狂気


旺太郎の姿勢は一貫している。クルーズ船を沈没させた父・旺(光石研)に課せられた賠償金3億円を肩代わりする彼は、いくら稼いでも裕福な生活を送ることができない。こんな日常を返上し、“幸せ”を掴み取りたいと願っている。

そのためには“7日前に戻れるキス”が不可欠。宰子とのキスで7日前に戻れると知った旺太郎は、自分と「キスの契約」を結ぶよう彼女につきまとい始めた。当初は宰子を恐れ、警戒していたというのに……。

そして、またしても7日前に戻る必要が出てきた。尊氏が、妹である美尊(新木優子)にプロポーズを申し込んだのだ。すでに、兄妹の婚約披露パーティの話は進んでしまっている。ならばそれ以前に戻り、尊氏のプロポーズを阻止しなければならない!
ここで旺太郎の取った策が強烈過ぎた。宰子を呼び出し、「お前はきっとまた俺を救う」「俺はお前を信じてる!」と捨てゼリフを残して、ビルの屋上から飛び降りたのだ。

瀕死の重傷を負う旺太郎を前に、「狂ってる……」と立ち尽くす宰子。見過ごそうとしたけれど、やはり見過ごせなかった。良心に付け込んで宰子のキスを強奪した旺太郎は、無事に7日前にタイムリープ。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年2月4日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トドメの接吻

トドメの接吻

『トドメの接吻』は、日本テレビで放送されている連続ドラマ。山崎賢人が演じる主人公のホストが、キスで相手を殺す女の手にかかり、死のタイムリープを繰り返すというサスペンスストーリー。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース