review

「わろてんか」137話。窓を開ければ、通天閣

       
連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第24週「見果てぬ夢」第137回 3月15日(木)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:保坂慶太
「わろてんか」137話。窓を開ければ、通天閣
イラスト/まつもとりえこ

137話はこんな話


映画「お笑い忠臣蔵」制作の準備がはじまる一方で、てん(葵わかな)は売りに出された通天閣を買おうかどうしようか迷う。

映画の準備がはじまる


ドラマの最後、写真コーナーの、女の子がかわいかった!

さて。
映画法が施行されたにもかかわらず、法の目をくぐるような映画を作ろうとする伊能(高橋一生)たち。
ちょうど、慰問に行っていた亀井(内場勝則)やリリコ(広瀬アリス)、シロー(松尾諭)も帰ってきて、役者はそろった。
リリコがほり、その夫・堀部安兵衛を伊能、ほりの父・弥兵衛がシロー(そう、安兵衛は婿養子)で、台本が試される。

討ち入りに行く夫に、命を惜しませるようなことを妻が言うと、検閲に引っかかるのではないか。何かいいアイデアがないかと探る一同。なぜか、シローをほりにするなど、試行錯誤の様子が早回しで描かれる。

安兵衛の横で、余計な動きをするシローが「お父ちゃんが目立ったらあきまへんで」と叱られたり、
伊能が「試しに」「可能性を見てみる」と言ったりしているところが、微笑ましかった。

てんのアイデアが冴える


てんが、ほりと安兵衛の出会い(高田馬場の決闘)“赤いしごき帯”(136話に登場)を使うことで、彼女が夫の命を惜しむ、深い愛情が伝わるのではないかと思いつく。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「わろてんか」137話。窓を開ければ、通天閣」の みんなの反応 5
  • beer 通報

    あと2週間しかないのに、内容がつまらない!隼也家族や パッサリ消息を切られたお夕さん達、乙女組など懐かしい面々が再登場するなどして盛り上げてもらいたい。

    9
  • 匿名さん 通報

    それにしても北村笑店の社員は代わり映えしませんね。栞は別として、風太よりあとに入って目立っているのは楓ぐらいです。隼也は出ていったし。イチやお楽なんていまだに顔も覚えていません。お楽まだいましたっけ?

    3
  • 匿名さん 通報

    岩さんはどうなった?

    3
  • 匿名さん 通報

    伊能さんが、生き生きしててよかった❗

    2
  • 匿名さん 通報

    この伏線ドラマ影響下で、福岡のパチンコCMで有名な吉本芸人がもうすぐ朝のNHK司会に、世も末だな。

    1
この記事にコメントする

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「わろてんか」

朝ドラ「わろてんか」

NHK「連続テレビ小説」第97作目の作品。明治後期から第二次世界大戦終了直後の大阪を舞台に、葵わかな演じるヒロインの藤岡てんが寄席経営に挑む姿を描く。モデルは吉本興業の創業者、吉本せい。2017年10月2日〜2018年3月31日放送。

2018年3月16日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. わろてんか 広瀬アリス

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。