review

「わろてんか」136話。ラブストーリー推しになったことを正当化しようとしてないか

連続テレビ小説「わろてんか」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)
第24週「見果てぬ夢」第136回 3月14日(水)放送より。 
脚本:吉田智子 演出:保坂慶太
「わろてんか」136話。ラブストーリー推しになったことを正当化しようとしてないか
イラスト/まつもとりえこ

136話はこんな話


伊能栞(高橋一生)を北村笑店・映画部の顧問にして、てん(葵わかな)は恋を盛り込んだ映画を作ることに。

伊能、風太の家に世話になる


てん、伊能、風太(濱田岳)、トキ(徳永エリ)、飛鳥(岸田結光)が、にぎやかに食卓を囲んでいるところからはじまった。
伊能は一晩考えて、北村笑店で映画をつくることにする。
さらに、風太の家にしばらく住むことに。

そして、北村笑店・映画部が発足。
道具部屋を映画部部室(道具だらけでまるで演劇部部室みたいな)で打ち合わせ。
検閲を出し抜く作品を作ろうと考える。

まずは、キース(大野拓朗)と楓(岡本玲)とアサリ(前野朋哉)との出し抜きコントがはじまる。
136話の葵わかな(てん)は、司会者のようになっていた。

伊能、料理男子になる


風太の家に居候する代わりに、料理をつくる伊能。
「うち、大きくなったら伊能さんのお嫁さんになりたい」と飛鳥もすっかり伊能に夢中。
映画「嘘を愛する女」で長澤まさみ演じるヒロインが、高橋一生演じる謎の男を家に住まわせ、家事をやってもらっていた。高橋一生は、なぜだか、こういう感じが似合う。「生茶」のCMでも手際よく料理をつくっている。
この日は、劇中劇の時代劇の扮装(堀部安兵衛役)もしていて、いろいろ大活躍だった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「わろてんか」136話。ラブストーリー推しになったことを正当化しようとしてないか」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    >モチーフになった吉本せいが通天閣を買った伝説は有名で  これ、事実あったことだったんですね❗驚いた❗

    5
  • 匿名 通報

    もう一個見つけました。 誤:富川元文 正:冨川元文 とにかくエキレビは、人名や作品名などコラムの内容に直接関わる部分の間違いが多いです。 たまには校正して見てはいかがでしょうか。

    3
  • 匿名さん 通報

    ドラマとシンクロしてレビューまで雑に

    3
  • 匿名さん 通報

    大河は20時、日曜劇場は21時。関係ありません。大河を視聴率的に脅かしているとすればイッテQ

    2
  • 匿名 通報

    心はいつも涙色って何ですか?1984年後期の作品は「心はいつもラムネ色」。今回もまたコッソリ直してくださいw

    2
この記事にコメントする

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事

「わろてんか + 広瀬アリス」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「わろてんか」

朝ドラ「わろてんか」

NHK「連続テレビ小説」第97作目の作品。明治後期から第二次世界大戦終了直後の大阪を舞台に、葵わかな演じるヒロインの藤岡てんが寄席経営に挑む姿を描く。モデルは吉本興業の創業者、吉本せい。2017年10月2日〜2018年3月31日放送。

2018年3月15日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. わろてんか 広瀬アリス

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。