smadan

メールの宛先は役職順にすべきなのか マナー講師に聞いてみた

メールの宛先は役職順にすべきなのか  マナー講師に聞いてみた
画像はイメージ

転職してきた人に「メールを送る際は宛先欄を役職の高い順に並べて送らないとマナー違反だ」と指摘されたというツイートが、昨年9月に話題になりました。ビジネスメールの送り方は会社や相手方によっても変わるものですが、どこまで気にするべきなのでしょうか。マナー講師の立場から解説します。

メールの宛先は役職順にすべき?


結論から言うと「メールの宛先は役職順に並べる」が正解です。
「そこまで気にする必要ある?」「ちゃんとメールが届けば良くない?」という声も理解できますが、例えば職場で使う議事録などでは、いまだに出席者の序列は役職順に書かなければなりません。

「メールの宛先を役職順に書く」ことは、会議室で上座・下座を区別して座るのと同じことです。なぜ上座・下座という概念があるかというと、「上位の人に敬意を示すことで、下位の人がへりくだる」という形を作ることで、目上の人への礼儀を保つことができるからです。礼儀や秩序を保つ人は社会から信頼され、良好な人間関係を構築することができます。
年代が上の方ほど特にこういったことを気にする傾向にあるので、メールの宛先は役職順に並べておいたほうが無難なのです。


メールがマナー違反になっていないかの判断基準


上下の隔たりがない会社だったり、プライベートでも仲の良い相手に送ったりするのであれば別ですが、少しでも迷う場合は基本に忠実に送ることです。

ビジネスメールの書き方の基本をおさらいしておきましょう。

1.宛先のメールアドレスを確認(3回)
2.宛名は相手の社名、部署、氏名(フルネーム)を書く:いただいたメールに返信するときには名前の後に「様」をつける
3.件名は短く、わかりやすく
4.文面は「あいさつ」から始まり「結び」で終える
5.結論から伝える
6.誤字、脱字がない
7.敬語や言葉遣いを正しく
8.見やすいレイアウト:一行一文で30文字以内、長くても2~5行で改行、ブロック単位で改行、行間は一行、また要件が2つ以上になる場合には「1.○○の件 2.○○の件」などとする
9.添付ファイルのサイズや利用の仕方を考慮し相手に確実に送る
10.Re:は1つにする
また、メールの返信はメールを受け取った当日か翌日で、すぐに対応できないときには「○○までに回答します」などと言うメールを送る

以上がビジネスメールを送る場合の基礎知識です。
慣れるまではこれらを箇条書きにしたものをデスクに貼るなどして、送信する前に確認する習慣をつけるようにすると良いでしょう。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月30日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。