smadan

セクハラをしない男性などいない。だから…

セクハラをしない男性などいない。だから…
画像はイメージ

世界中で大きく報道された福田前事務次官によるセクハラ問題ですが、財務省がその事実を認定しました。麻生大臣も含めて、あり得ない対応を繰り返していた財務省ですが、一転事実を認めて、テレビ朝日の女性社員の名誉が保たれたことは本当に良かったと思います。

テレビコメンテーターたちに感じる違和感


ところが、散々この事件を報道していたTVのワイドショー等は、もはやこの話題を流す番組はほとんどありません。その後は山口達也氏の強制わいせつの件から、海を泳いで逃走した刑務所脱走犯の話題で一色に染まり、セクハラ問題で偉そうに糾弾していたコメンテーターたちは、別の問題にあれこれと講釈を垂れているのです。
 
確かにセクハラ加害者やそれを生む構造を糾弾することは必要不可欠です。とりわけ、セクハラ問題に対して意識が低い日本の一般的な感覚からしても常軌を逸している財務省の対応は、メディアを通じて一人でも多くの人から糾弾されて当然でしょう。
 
ですが、個人的にその「報道の移り変わりの激しさ」には強い違和感を覚えます。セクハラの問題に対して日ごろから関心を持っているとは思えない人たちが、まるで「イナゴ」のようにやってきて、被害者の共感を得るようなコメントやハラスメントの構造的問題を的確に指摘するようなコメントではない「他人事視点の苦言」を並べて、ほとぼりが冷めれば去って行く。

このように、マスコミが「イナゴ報道」ばかりすることも、加害した側がハラスメントという罪を犯したことを反省するのではなく、「世間をお騒がせして申し訳ございません」という意識しか芽生えない状況に一役を買っているのではないでしょうか? 実際に、福田氏もセクハラ加害の責任で辞任をしたのではなく、「世間を騒がせたことで業務ができないから」という理由で辞任しています。

常に指摘していることですが、日本人がこのような「迷惑基準の倫理観」を抱き続けているせいで、セクハラ問題に限らず様々な社会課題が根こそぎ解決されることはなく、根底で「問題のタネ」が残り続け、後からあとから似たような問題が発生するのだろうと思うのです。

セクハラしたこと無いって断言できますか?


そしておそらく、福田氏を糾弾する側に回っている人たちも、これまで一切セクハラをしたことが無い人はまずいないと思うのです。

確かに彼らは「おっぱい触って良い?」とは言わなかったかもしれないですが、セクシャル・ハラスメントは、その文字の意味通り、性的なニュアンスで相手を不快にさせる行動や言動全てを指します。もちろん、褒め言葉でも相手に不快な思いをさせることは十分あるわけですから、セクハラを一度もしたことが無いという人はこの世にいないと思うのです。とりわけ、その意識の低い日本で育っていれば当然いくつもあるはずです。

ですから、まるで自分は完全無実のような態度で他人を糾弾していれば、周りにいる女性から、「いや、お前の性的な言動で不快になったことあるんだけど。五十歩百歩だから!」と思われている可能性は高いのではないでしょうか。そのことを、まず自覚するべきだと思うのです。

他人事の人と自分事にできる人の違い


そのような中で、自らの過去の過ちと向き合い、社会をより良い方向に進めて行こうという姿勢を示したオピニオンリーダーもいました。たとえば、「ASIAN KUNG-FU GENERATION」のGotch氏は、以下のような発言をTwitterで投稿しています。
「セクハラの問題は僕も当事者。(中略)ハラスメントになるような言動を、無意識なものも含めて、全くしてこなかったとは言い切れない。(中略)改めたい。勉強したい。猛省したい」

また、乙武洋匡氏も自身のブログにて、『【セクハラ問題】批判より反省を。』と題したエントリーを投稿。過去の自分の言動に自省をしつつ、以下のようにこれからの男性の在り方に言及しています。

「これまでの自分の言動を振り返り、反省すべき点は反省して、せめて今後は自分が加害者になることがないよう気を引き締めていくことが大切なのだと思う。」

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

2018年5月2日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。