“「プロージット!」”
というわけで、『銀河英雄伝説 Die Neue These』(→公式)第十一話「死線(前編)」。
新装版も刊行開始『銀河英雄伝説 1 黎明篇』(マッグガーデンノベルズ版)。
「銀河英雄伝説」プロージット! なぜ飲み干した後にグラスを叩き割るのか

796年8月、フォークが立案した無謀な帝国領侵攻作戦が開始された。
前線の物資の枯渇し、撤退すべき状況は明らか。
だが、出兵を指示した政治家たちは、自分たちの政治責任を追求されるのを恐れて、撤兵論を否決する。
泥沼である。

今回、原作厨的に残念だったのは、ヤマムラ軍医少佐の登場がなかったことだ。
フォーク参謀将校が発作でぶったおれた後に、モニターに登場するのは、原作ではヤマムラ軍医少佐。
アニメ版では、総参謀長になって、軍医からの伝聞の形になってしまった。
そのため、最後の粋なセリフがナシに。

「挫折感や敗北感をあたえてはいけません。誰もが彼の言うことにしたがい、あらゆることが彼の思うように、運ばなくてはなりません」
と言う内容は同じなのだが、軍医は、さらに続けて
「提督方が非礼を謝罪なさり、粉骨砕身して彼の作戦を実行し、勝利をえて彼が賞賛の的となる……そうなってはじめて、病気の原因がとりさられることになります」
とまで言ったあとに、こう言う。
「フォーク准将閣下の病気を治す、という一点だけにしぼれば、話はそうならざるをえません。視野を全軍レベルにまでひろげれば、おのずとべつの解決法がありましょう」
このセリフがいいのになー、なくなってしまった。