review

「西郷どん」35話。小栗旬退場、鈴木亮平が鬼の西郷に変貌し、錦戸亮が哀しい眼をする

大河ドラマ「西郷どん」(原作:林真理子 脚本:中園ミホ/毎週日曜 NHK 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時) 
第35回「戦の鬼」9月16日(日)放送 演出:盆子原誠
西郷どん 完全版 第弐集 DVD ポニーキャニオン
10月17日発売

西郷どん 完全版 第弐集 DVD

さみしい、カステラ


慶応3年。大政奉還をした徳川慶喜(松田翔太)のねらいは我らがふりあげたこぶしを交わすことだと吉之助(鈴木亮平)は確信していた。

武をもって徳川をたたきつぶすと静かにでも強い決意に燃える吉之助に「いま戦したら、日本全土は火の海だ」と龍馬(小栗旬)は冷静に諭そうとする。

聞く耳もたない吉之助に、龍馬がそっと懐に手をやる。
何か物騒なものを取り出そうとしているのか・・・? と思わせて、一旦、タイトルバックが流れる。

「撃つか おいを」と警戒する吉之助に、龍馬が懐から取り出したのは、カステラだった。
半分に割って片方を差し出すが吉之助は受け取らない。
龍馬は飄々とカステラを頬張る。

一生懸命、場を和まそうとしたが、吉之助の決意は動かないと諦めて、立ち去る龍馬。
「おまんとは乗る船が違うようじゃ」
残ったカステラの片割れが哀しい。

かつて(第一話)、島津斉彬(渡辺謙)が少年・小吉(吉之助の幼名)にカステラをくれたことがあった。
その包み紙に書かれた言葉が少年の心を動かした。その頃の吉之助とはいまはもう違うということか。

龍馬が外に出ると民衆が「ええじゃないか」と歌い踊っている。
その喧騒の中に消えていく龍馬。やるせない。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「西郷どん」に関する記事

「西郷どん」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西郷どん」の記事

次に読みたい「西郷どん」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

西郷どん

西郷どん

『西郷どん』は鈴木亮平や橋本愛らが出演するNHKの大河ドラマ。極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(西郷どん)が、明治維新を成し遂げていく物語。

お買いものリンク