smadan

パワーナップ制度で生産性は本当に高まる? 「意外と眠れた」「集中力が続く」3社に聞いた

パワーナップ制度で生産性は本当に高まる? 「意外と眠れた」「集中力が続く」3社に聞いた

NASAやGoogleでも推奨されている、パワーナップ。ただの昼寝ではなく、仕事の生産性や効率を高めるための仮眠だ。取り入れている企業は複数あるが、生産性に良い影響は出ているのだろうか。パワーナップを実践している3社に、実際、どんな結果が出ているのか聞いてみた。

1.ネスレ日本~オフィスにテントを張るコーヒーナップを期間限定で実施


パワーナップ制度で生産性は本当に高まる? 「意外と眠れた」「集中力が続く」3社に聞いた

ネスレ日本は、品川の東京コマーシャルオフィスに、コールマンのテントを期間限定で設置。普段は社員や社外の取引先が商談・打ち合わせを行うスペースにテントを設営し、「コーヒーナップ」が体験できる仮眠スペースを展開した。コールマンのテントやチェア、コットなどを設置し、カフェインの入ったネスカフェ ゴールドブレンドのコーヒーを無料提供して、社員や取引先がコーヒーナップをできる場所を作ったという。

パワーナップ制度で生産性は本当に高まる? 「意外と眠れた」「集中力が続く」3社に聞いた

コーヒーナップとは、仮眠とコーヒーを組み合わせたもの。15分ほどの仮眠の前にコーヒーを飲むことでカフェインにより寝起きがシャキッとし、パフォーマンスを発揮しやすくなるといわれている。

●コーヒーナップを体験した社員の声
「午後から集中したい時や気合いを入れたい時に利用したいと思います」
「いつも午前中に考える作業をし、午後は単純作業をするようにしていたのですが、コーヒーナップを行えば午後でも考える作業ができそうです」
「いつも昼休み中についウトウトして音楽を聴いて気分転換や、机で仮眠を取っていたが、椅子に座っているとどうしてもゆっくりとリフレッシュできなかった。ぐっすり眠るというより、テントの中では何も考えずにいられるので心がリラックスできます」

●コーヒーナップで生産性は上がった?
「生産性が上がったかどうかの判断はむずかしいですが、今回の取り組みに対して社員からは好意的な声が出ており、コーヒーナップに対する理解も深まったのではないかと考えています」(ネスレ日本担当者)

●ネスレ日本の仮眠制度
以前からネスレ日本社内では、コーヒーナップが実施されていたそうだ。

「今年6月より神戸本社内に仮眠室を設け、社員が仮眠前にコーヒーを飲むコーヒーナップを行う活動を開始しています。社員からは『コーヒーナップを取り入れたことで、より効率的に業務が進められるようになった』『コーヒーナップという考え方を初めて知った』といった好意的な声が出ています。現時点では、社員の利用者が多いわけではありませんが、仮眠室の利用促進やコーヒーナップに対する理解を深めていくための施策を考えていきたいと思っています」(ネスレ日本担当者)

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る 2018年12月10日のスマダン記事

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース