review

最終回「大恋愛」「一生懸命生きるから、よろしくお願いします」戸田恵梨香とムロツヨシは最後まで大恋愛

最終回「大恋愛」「一生懸命生きるから、よろしくお願いします」戸田恵梨香とムロツヨシは最後まで大恋愛
イラスト/Morimori no moRi
昨晩、12月14日に『大恋愛〜僕を忘れる君と』(TBS系)の最終話が放送された。

姿を消す形での大恋愛を望んだ尚


間宮真司(ムロツヨシ)の前から尚(戸田恵梨香)が姿を消した。

かつて、真司も尚の前から姿を消したことがある。真司を探す尚を諭したのは木村明男(富澤たけし)だった。
木村 ほっといてやれよ。縁がありゃ、また会えるって。
 嫌です、縁があればなんて!

今度は、真司が尚の不在に耐えられなくなっている。
木村 何が何でも探し出したいってのは、お前の自己満足だろうよ?
真司 そうですね。それはわかってるんですけども……寂しいんですよ!

8ヶ月後、尚の消息が見つかった。海辺にある「朝倉診療所」に身を寄せていたのだ。医師の朝倉(岡本信人)は、尚が持っていたバッグを真司に差し出した。
「自分が何もわからなくなった後、もし家族が探し当ててきたら渡してほしいと言われていました」(朝倉)

バッグの中にあるビデオカメラには、真司に宛てたメッセージが収まっていた。
「短編小説集、読んだよ。ちょっと時間掛かっちゃったけど……面白かった」
「最近、なんだか、真司のことを思い出せる時間が短くなってきた気がします」
「カメラの使い方がわからなくなっちゃって、付き添いの人に撮ってもらってます。でも……真司がこれを観る時には、私はもう、真司のことがわからなくなっちゃってるんだろうなあ」
「真司。……好きだよ」
「私……私ね、真司に会いたいな」

あわせて読みたい

  • 「大恋愛」田恵梨香希望と小池徹平の闇

    「大恋愛」田恵梨香希望と小池徹平の闇

  • 「大恋愛」小池の絶望、戸田ムロの希望

    「大恋愛」小池の絶望、戸田ムロの希望

  • 「大恋愛」小池徹平の闇に飲み込まれる

    「大恋愛」小池徹平の闇に飲み込まれる

  • 「大恋愛」サンド富澤が説いた男の本性

    「大恋愛」サンド富澤が説いた男の本性

  • レビューの記事をもっと見る 2018年12月15日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    大恋愛

    大恋愛レビュー一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース