review

「なつぞら」138話。冗談が似合わない真顔な仲さん(井浦新)を置いてなつは会社を辞める

なつがマコプロに行くと聞き、動揺を隠しきれないながらも最終的には快く送り出す仲。
これが「裏切り」になるのではないかと気にやむなつに、仲は「裏切りじゃない」と言い、アニメーターはひとつの会社にこだわるのではなく、ひとつの作品にこだわるべきだと理解を示す。
だがしかし、なつが「仲さんの弟子」でよかったとホッとすると、弟子ならそれは裏切りだと言いだす仲。
それは冗談で、「仲さんには冗談が似合わない。冗談を言うときは冗談だという顔をしないと」となつがアドバイス。なつこそ、冗談が似合わない。冗談の似合わない真面目な者同士、いい師弟関係だったということだ。

困る佐藤部長
あとから、なつが辞めることを聞いて、大騒ぎの佐藤製作部長(橋本じゅん)。
その場に乗じて、堀内(田村健太郎)が作監をやると言い出す。堀内はもともと絵はうまい(線がきれい)設定ながら、長年、セカンド(?)に甘んじていたので、ここらで大役を引き受けてもいいだろう。
「堀内さんなら絶対にできます」とすかさず言うなつ、さすが生き上手と思ったが、マコプロに移ることを明かして、みんなを愕然とさせる。言わなきゃいいのに。

「できる人からやめてくなこの会社は」と荒井(橋本さとし)をいじる(サングラスを外す)佐藤。せっかくのダブル橋本共演にからみがあってよかった。
あと、なつが辞表を出したとき、山川社長(古屋隆太)の背後に角野卓造(大杉前社長、現会長)の肖像画が大きく映っていたのが印象的。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「なつぞら」138話。冗談が似合わない真顔な仲さん(井浦新)を置いてなつは会社を辞める」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    育児が大変だから会社を辞めると思っていたのがマコプロに移籍するのがわかって、あからさまに空気が変わるのが面白かった。モブの人たちがうまい。

    5
  • 匿名さん 通報

    一久さんの吉田栄作みたいな髪型が似合ってる。性格も吉田栄作みたいに歳を追うごとに大人しくなった。

    4
  • 匿名さん 通報

    おしんの姑役の婆さんは視聴者にころされることなく無事に生きてるのかな?あんなに長いこと嫌な奴を演じて不快にさせるって凄い

    3
この記事にコメントする

もっと読む

「連続テレビ小説」に関する記事

「連続テレビ小説」に関する記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「なつぞら」

朝ドラ「なつぞら」

NHK「連続テレビ小説」100作目の記念作品。戦争で両親を失い父の戦友に引き取られた戦災孤児の少女・奥原なつが草創期の日本アニメの世界でアニメーターを目指す姿を描いた。主演は広瀬すず。2019年4月1日〜9月28日放送。

2019年9月9日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 連続テレビ小説 まんぷく

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。