review

「やすらぎの刻~道」徴兵を逃れるため、わざとトラックに轢かれる公平!痛い!第22週

「やすらぎの刻~道」徴兵を逃れるため、わざとトラックに轢かれる公平!痛い!第22週
イラストと文/北村ヂン
倉本聰・脚本「やすらぎの刻~道」(テレビ朝日系・月~金11時30分~)第22週。

日本の戦況が泥沼にハマッていく中、根来家にも様々な事件が降りかかってくる盛りだくさんすぎる展開。

激痛のなかで僕は非国民になった


まずは、自殺した兄・三平(風間晋之介)の子どもを身ごもっているしの(清野菜名)と結婚した根来公平(風間俊介)が父親へと変化していく過程が描かれた。

実際に自らが妊娠・出産をする女性と比べて、男は父親としての自覚が芽生えるのが遅いと言われる(小泉進次郎もそんなこと言ってたな)。特に公平は父親になったとはいえ、実際には三平の子どもだし、しのを抱くどころかキスすらしていないのだ。

そんな公平が、すんなりと子どもを「自分の子」として受け入れることができたのは、出産に立ち会ったからだという。

「この子の生命の誕生の厳粛な瞬間に立ち会っており、しのと一緒に本気でいきんで、実際に多少漏らしてしまったのだから」

ウンコを漏らすことで父親の自覚を得た男・公平!

おかげで人から「ご主人そっくり!」なんて言われても気にせずスルーできるようになっていた。

父親としての自覚をより強固なものにするためにも、子どもの名前をつけさせてあげればよかったのに……とも思うが、結局、しののゴリ押しで剛と書いて「たける」だけど、普段は「ごう」と呼ぶというややこしい名前に。まあ、公平の考えていた「サスケ」(猿っぽい顔だから猿飛……)という名前も大概だけど。

あわせて読みたい

  • 「やすらぎの刻」最後の予告で衝撃発言

    「やすらぎの刻」最後の予告で衝撃発言

  • 「やすらぎの刻」視聴率問題に斬り込む

    「やすらぎの刻」視聴率問題に斬り込む

  • 「やすらぎの刻」人生の「締め切り」

    「やすらぎの刻」人生の「締め切り」

  • 「やすらぎの刻」しの、軍国少女を卒業

    「やすらぎの刻」しの、軍国少女を卒業

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年9月9日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース