10月24日に『科捜研の女』(テレビ朝日系)の第18話が放送された。

<第18話あらすじ>自分が無事と気付いた蒲原


液体爆発物を浴びてしまった蒲原勇樹(石井一彰)。それを見た榊マリコ(沢口靖子)は絶叫したが、爆発は起こらない。自分が無事と気付いた蒲原は、杉原卓海(浅海翼)を連れて逃亡する犯人グループを追いかけた。
警察と犯人グループが撃ち合う中、被弾した犯人の1人・阿部健(藤本涼)は死亡。風丘早月(若村麻由美)によって、犯人の死因は玉城詩津香(浅野ゆう子)の銃撃ではなく爆発によるものだと判明したが、現場マンションで愛人と密会していた夫・雄一(山崎銀之丞)とともに詩津香は厳重注意を受けた。
土門薫(内藤剛志)は強盗犯の3人以外に手引きした者がいたと睨む。そして、死亡した阿部の足の爪からは関西原料株式会社のろ過砂が検出された。阿部はこの会社の元アルバイト社員だったのだ。
そんな中、犯人グループから杉原修(一條俊)の携帯に連絡が。日本では認可されていない血糖値を急激に上げる薬品「ゲルカゴール」を要求する電話だった。風丘の協力で薬を入手したマリコは犯人の元に向かう。ここで卓海と薬を交換するはずだったが、犯人に飛びかかった修がナイフで刺されてしまった。卓海を車で連れ去る犯人たちを追いマリコは車に飛び乗ったが、車はそのまま急発進。卓海と共にマリコも人質にとられることとなった。
卓海の持つ携帯ゲーム機を使い、マリコは車内から「ゲーム機の位置情報を探索してください」と科捜研にメールを送る。また、逃走中のやり取りで犯人2人は鳴海浩介(柴田善行)と信二(池内万作)の兄弟であることが判明した。兄の浩介が低血糖の痙攣発作を起こしたため、マリコの説得で車は近くの診療所へ急行。そこに土門と詩津香が突入して浩介と信二を逮捕、マリコと卓海は救出された。