テレビ東京系「孤独のグルメ Season8」第10話が、12月6日に放送された。師走の忙しい五郎さん(松重豊)には、「ブリ照り焼き」と「クリームコロッケ タルタルソース添え」が染みに染みた。
「孤独のグルメ」「ブリの照り焼き定食月見トロロ付き」と「クリームコロッケ」かるーく不思議ちゃん10話

「孤独のグルメ Season7」Blu-ray BOX

不思議ちゃんな定食屋


12月の忙しい時期に、五郎さんが訪れたのは東京・世田谷区豪徳寺。商談相手の内田良夫(きたろう)は、一見気さくな雰囲気だけど、なんだかやりづらい。五郎さんを持ち上げるだけ持ち上げておいて、自分のミスから難癖をつけてくる。

本来なら10分で終わる商談に時間をかけてしまった五郎さんは、「ドッと疲れて」「ムチャクチャ腹が減った」。まだ外は明るいが、仕事を後回しにして夕食を取ることにした。

「なんだろう、この内装。かるーく不思議ちゃん」

たどり着いたのは定食屋「旬彩魚 いなだ」。バーのような喫茶店のような外観&内装なのに、食べられるものは魚中心の定食だ。かと思えば、「チキンバジル」なんてイメージ通りのメニューも揃っている。カウンターに大皿で料理が並ぶクラシックな食堂の一面も持っていて、かるーく不思議ちゃんだ。

おじさんは焼き魚をオシャレな気持ちで食べられるし、若い女の子はオシャレなふりして焼き魚を食べられる。ちなみに僕はこの店の近くを通ったことがあるが、外観と立て看板に書かれたメニューのギャップに混乱して、入店を見送ったことがある。中も見えないから。