review

「スカーレット」115話。はじめての二日酔いで「ハチさん」と呼んで泣いた喜美子

「スカーレット」115話。はじめての二日酔いで「ハチさん」と呼んで泣いた喜美子
連続テレビ小説「スカーレット」115話。木俣冬の連続朝ドラレビューでエキレビ!は毎日追いかけます

(これまでの木俣冬の朝ドラレビューはこちらから)

連続テレビ小説「スカーレット」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~
「スカーレット」115話。はじめての二日酔いで「ハチさん」と呼んで泣いた喜美子

『連続テレビ小説 スカーレット Part1 (1)』 (NHKドラマ・ガイド)

第20週「もう一度家族に」115回(2月17日・月 放送 演出・鈴木 航)


お金持ちで自由奔放な小池アンリ(烏丸せつこ)が神戸から持ってきた5万円もするワインでべろべろに酔ってしまった喜美子(戸田恵梨香)。朝、はじめての二日酔いを経験する。

パジャマで髪ぼさぼさで立ち尽くした挙げ句、横座りしてだらりとした口調で息子の職場に電話する。
ヒロインのだらしなさを描くのは「不倫」ばかりではない。「二日酔い」という手があった。

ちょうど114回のレビューで「女ともだち」に関して引き合いに出した「赤毛のアン」では、アンがはじめてできた親友ダイアナにあやまってぶどう酒を飲ませ酔わせてしまうエピソードがある。その翻訳家をヒロインにした朝ドラ「花子とアン」もそれを踏襲し、のちに親友となる蓮子からぶどうのお薬と言われて飲んだぶどう酒で酔っ払ってしまうエピソードがあった。
女が、ヒロインが、「してはいけないこと」をする。それこそが挑戦。すばらしい。

孤独な女がふたりでしたたか酔い、その勢いで「一緒に暮らそう」とまで言い合う。幼馴染の照子、お姉さんのようなちや子に続く、新たな女ともだちの出現。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「スカーレット」115話。はじめての二日酔いで「ハチさん」と呼んで泣いた喜美子」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    三津と八郎は深い関係にはならず、この先の展開も半生を忠実に再現する必要はなく、ドラマとして楽しめればいい。たとえ武志が病気になっても、焼き物と支援運動が支えとなって回復するハッピーなストーリーがいい。

    6
  • 匿名さん 通報

    なんかもう、全然読み取れてないうえに「、その混ぜた具のなかに時々当たりが出てくる」みたいな書き方してしまうところが、このライターさんも限界って感じがする

    5
  • 匿名さん 通報

    これだけ無駄に時間を使ったら武志のパートがまた雑になってしまう。白血病のくだりはさすがに適当にはやれないだろう。となると、まんぷく同様にヒロインの子供の恋愛はクソみたいに適当に流されるのだろう。

    3
  • 匿名さん 通報

    今さら居心地の悪い喜美子の隣に戻ることはない。あいかわらず喜美子はハチさんのことを見下してるで!三津はハチさんのことをいつまでも待ってるでー!!

    2
  • 匿名さん 通報

    八郎と三津が結婚すればいい。喜美子のように自分勝手な女より2人は、お似合いだ。

    2
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スカーレット

スカーレット

第101作目のNHK「連続テレビ小説」。焼き物の里・信楽を舞台に、戸田恵梨香演じる陶芸家・川原喜美子の波乱万丈な人生を描く。共演に松下洸平、北村一輝、富田靖子、中須翔真、西川貴教、大島優子ら。2019年9月30日~2020年3月27日放送。

2020年2月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。