review

「エール」30話 土砂降りで転んで泣きながらハーモニカ吹く窪田正孝が朝ドラクオリティーを超えている

第6週「ふたりの決意」30回〈5月8日 (金) 放送 脚本・吉田照幸 演出・松園武大〉


イラスト/おうか

裕一が捨てたもの

裕一が雨の中、転んでのたうち回る。そのあとの権藤家では服が汚れていない。廊下で祖母と叔父の話を立ち聞き(朝ドラ名物)。
祖母の本音を知って、絶望は極地に。借りた舶来の傘を廊下に雑に置いて去っていく。ん? 何か音がしたけど……ってのぞくというもよくあるパターンだがなかった。中と外を別撮りしているのだろう。

ここで裕一は転んで泥だらけに。家に戻り泥だらけでハーモニカ(西條八十の「かなりや」のように聞こえたけどわかりません)を吹き鳴らす。雨、泥、涙……朝ドラっぽくない深みのある画面と演技をしばし堪能したのち、雨上がり、裕一は喜多一にやって来て「僕はこの家を出ます」と宣言する。

止める弟・浩二(佐久本宝)を乱暴にふりはらい、あわてて「大丈夫?」と言うと、「その優しさがうっとおしいんだよ」と浩二は忌々しげ。

「ここにいて。そばにいて」とお母さん・まさ(菊池桃子)。養子に出したのに「ここにいて。そばにいて」もないだろう。まさが実のところ肝心なときには息子のことを思って動いてないことはドラマのなかで書かれていた。裕一もそれに気づいていたのだろう。母より自分の幸せを思ってくれている音を選ぶ。でも、母を完全に傷つけるようなことは言わず「幸せを願ってくれているんでしょ」ということにしているところがたぶん裕一の優しさ。

「エール」30話 土砂降りで転んで泣きながらハーモニカ吹く窪田正孝が朝ドラクオリティーを超えている
写真提供/NHK

喜多一の従業員で、先日から急激に“アンチ裕一”キャラになっていた及川(田中偉登)が裕一をわがままだとなじる。セリフから親に捨てられてこの店で働いていたらしいことがわかる。だからなにもかも恵まれている裕一に腹が立ってしょうがなかったのだ。

裕一はそこで自分が何を「捨てるべき」か決意。「音楽」でも「音」でもなく「恵まれた環境」を捨てることで「音楽」と「音」を選ぶのである。なんてすばらしい発想の転換であろうか!

この記事の画像

「「エール」30話 土砂降りで転んで泣きながらハーモニカ吹く窪田正孝が朝ドラクオリティーを超えている」の画像1 「「エール」30話 土砂降りで転んで泣きながらハーモニカ吹く窪田正孝が朝ドラクオリティーを超えている」の画像2 「「エール」30話 土砂降りで転んで泣きながらハーモニカ吹く窪田正孝が朝ドラクオリティーを超えている」の画像3 「「エール」30話 土砂降りで転んで泣きながらハーモニカ吹く窪田正孝が朝ドラクオリティーを超えている」の画像4
「「エール」30話 土砂降りで転んで泣きながらハーモニカ吹く窪田正孝が朝ドラクオリティーを超えている」の画像5
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

お買いものリンク