第7週「夢の新婚生活」31回〈5月11日 (月) 放送 脚本・清水友佳子 演出・橋爪紳一朗〉


「エール」31話 「ご飯にする?」「お風呂にする?」窪田正孝と二階堂ふみが昭和の新婚コントを熱演
イラスト/おうか

「今日も音さんは最高に素敵です」

おめでとう、裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)が東京で新婚生活をはじめた。
タイトルバックの名場面が集まった部分も成人した音と裕一のものに変わっている。
表札には「古山裕一 音」とある。

朝、裕一が目を覚まし、隣に手を伸ばすとすでに音の布団は片付いている。台所に行くと、かいがいしくお料理している音。トン……トン……トン……とやたら慎重な包丁使い。料理は母まかせだったのかなと思わせる。
八丁味噌を手渡しにそばに寄った裕一から目線の見上げる子犬的目線(グラビアの定番)でにっこり微笑む音。
「今日も音さんは最高に素敵です」とナレーション(津田健次郎)。

「エール」31話 「ご飯にする?」「お風呂にする?」窪田正孝と二階堂ふみが昭和の新婚コントを熱演
写真提供/NHK

八丁味噌と納豆

新婚第一日目なのだろう。いろいろ確かめ合うふたりが初々しい。
味噌汁は八丁味噌。味噌の味を楽しむために具はなし。
「白味噌がよかった?」と音は聞くが、白味噌は京都をはじめとする一部の西の食文化。裕一の福島は赤味噌であろう。
音が東北の食文化に疎いことがこのセリフでわかる。

裕一は「ご飯と納豆があれば」と答えると、音は顔をこわばらせる。関西方面は納豆が苦手な人が多い。だが裕一は、以前も食事のシーンで大量に納豆をかき混ぜてもりもり食べていたことがあり、納豆が好きなことは見てとれた。
八丁味噌も納豆も大豆が原料なのだが、食の好みの違いとは不思議なものである。

この記事の画像

「「エール」31話 「ご飯にする?」「お風呂にする?」窪田正孝と二階堂ふみが昭和の新婚コントを熱演」の画像1 「「エール」31話 「ご飯にする?」「お風呂にする?」窪田正孝と二階堂ふみが昭和の新婚コントを熱演」の画像2 「「エール」31話 「ご飯にする?」「お風呂にする?」窪田正孝と二階堂ふみが昭和の新婚コントを熱演」の画像3 「「エール」31話 「ご飯にする?」「お風呂にする?」窪田正孝と二階堂ふみが昭和の新婚コントを熱演」の画像4