review

「MIU404」6話 志摩が星野源であることの意義は「志摩が抱える絶望とそれを隠して生き続ける悲哀」

←「MIU404」5話のレビューを読む
「MIU404」6話 志摩が星野源であることの意義は「志摩が抱える絶望とそれを隠して生き続ける悲哀」
イラスト/ゆいざえもん

休みの日の物語「MIU404」6話

「よっ。 相棒殺し」

伊吹(綾野剛)、率直すぎ。綾野剛と星野源がMOBILE INVESTIGATIVE UNIT(機動捜査隊)のバディを組んで24時間働くMIU404(TBS系 毎週金よる10時〜)、7月31日放送の第6話「リフレイン」は休みの日の物語。伊吹が九重(岡田健史)と共に志摩(星野源)のトラウマの原因を探る。

「相棒殺し」は「鬼殺し」みたいなものではないのかとすっとぼけ、九重から説明を聞いて「マジか」と慌てる伊吹。うそ〜〜ん。伊吹、いい意味で天然、悪くいえば鈍感。ただ、敏感すぎて、これ言ったら悪いかなと気にして何も言えないと結果的に相手の真実はわからないままになってしまうことがあるもので、たとえ「聞き方に工夫がない」と志摩にダメ出しされても、伊吹のように無邪気にぐいぐい間合いを詰めていくことも時には必要だと感じる。少なくとも志摩のような性格の人物にとっては。

気にしすぎて本当のことがわからなくなってしまう例は、桔梗(麻生久美子)が、自宅の給湯器の修理に仕事でなかなか立ち会えないため困っているという話をしたところ、志摩が気を利かせて自分は休みにすることもないので代わりに立ち会うと持ちかけると、「パワハラになってない?」と心配するところにも現れている。

いまの時代、何を言ってもやっても「パワハラ」「モラハラ」になりそうで、余計なことは何も言えない。その悩みは陣馬も抱えている。「酒ハラスメント」「筋(トレ)ハラ」となんでもハラスメント。飲みニケーションなんて言葉はもはや死語。若い相棒・九重はそういうものを好まない。おかげで本当のハラスメントを抑止できるようになった反面、ハラスメントではないコミュニケーションの可能性まで閉ざされたというデメリットもある。

ところが、陣馬の熱さが徐々に固い岩を崩してきたのか、九重はついに酒のちからを借りて話を深める術を知る。酒……もとい朱に交わればなんとやらで、徐々に影響を受けているようである。

「MIU404」では画が饒舌にもの語る

2013年8月8日(タコの日)、当時捜査一課にいた志摩の若き相棒・香坂(村上虹郎)が亡くなった。事故か自殺か――。屋上で、飲めないウイスキー(志摩の好きなグレングリアン)を大量に飲んでいたことで他殺の線も。それには、当時、捜査一課が追っていた「タリウム連続毒殺事件」が関係していた。この件の真相はすでに調査済みで、部外秘として収められており、志摩は伊吹にそれを語らない。そこで伊吹は休みの日を使って、真実を知ろうと動き出す。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

MIU404

MIU404

綾野剛・星野源のW主演。「逃げ恥」「アンナチュラル」の脚本家・野木亜紀子によるオリジナル脚本でお届けする1話完結の「機捜」エンターテインメント。TBSにて、2020年6月26日〜放送中。

2020年8月1日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。