review

『キワドい2人』実は、実は、実は……次々に真実が明かされマトリョーシカ状態の最終回

       
『キワドい2人』実は、実は、実は……次々に真実が明かされマトリョーシカ状態の最終回
イラスト/ゆいざえもん

目まぐるしく展開『キワドい2人-K2-』最終回

キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木(TBS系 毎週金よる10時〜)、第6話、最終回。6話ってあっという間だなあ。

【レビュー】山田涼介
どんな姿・場面であっても、その瞳の輝きにいつも惹きつけられる“最高のアイドル”


黒木賢司(田中圭)神崎隆一(山田涼介)は異母兄弟ではなかった。お母さんも同じだった? いやいや、そもそも兄弟ではなかったのだ。

だが神崎賢造(椎名桔平)は、隆一の父は「警察官」だと謎の言葉を残す。血はつながってなくても俺(警察官)が父だという意味かと思ったら、意外な事実が……。ネタバレすると、賢造の協力者・井原(高橋努)は凶悪殺人犯ではなく、潜入捜査官(警察官)だった。

隆一が自分には凶悪犯の血が流れていると落ち込んでいると、おせっかいな彩乃(関水渚)が、親がどうであれ、隆一は隆一だし、血がつながってなくても賢司は家族だと涙ながらに訴える。

これまで彩乃のことを、単なるにぎやかしのおせっかい要員だとばかり思って見てきたが、井原が潜入捜査官であったことで、彼女の存在意義がみつかった。それはなにかといえば、警察における違法捜査があるということ。

潜入捜査は警察では違法とされているから、22年前の違法捜査による事件を、暴力団の組員が逆ギレして発砲したことで隠蔽してしまった。このように警察では違法なことが日夜こっそり行われているのだから、賢司が彩乃のような民間人を捜査に協力させることもそれほど特別ではないということを彩乃の存在が物語っている。

というわけで、彩乃はまたまた大活躍。重大な作戦を担う。

六角精児のやな感じ

22年前の井原射殺事件の復讐を企てたのは賢造ではなく、彼は誰かをかばっているのではないか。それは内縁の妻・松原ひかりではないか。松原ひかりが、あのとき撃った3人に今復讐しようとしている。ふたりは殺され、残ったのは澤登副署長(六角精児)。この事件の真相を暴くため、松原ひかりをおびき出す作戦。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木

キワドい2人-K2- 池袋署刑事課神崎・黒木

新米刑事(山田涼介)と型破りな破天荒刑事(田中圭)による正反対な凸凹バディは異母兄弟だった!? 誰にも知られてはいけない“家族の絆”を武器にキワドい2人が池袋を守る! TBSにて、2020年9月11日〜10月16日放送。

2020年10月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。