review

『危険なビーナス』2話でも相変わらず怪しい楓と憲三 なぜ2人が怪しいのか掘り下げてみた

       
『危険なビーナス』2話でも相変わらず怪しい楓と憲三 なぜ2人が怪しいのか掘り下げてみた
イラスト/ゆいざえもん

『危険なビーナス』2話

10月18日に『危険なビーナス』(TBS系)の第2話が放送された。初回レビューでも触れたが、矢神明人(染谷将太)の妻を名乗る矢神楓(吉高由里子)がメチャクチャ怪しい。1話のみならず、2話でも彼女は怪しかった。

【前話レビュー】『危険なビーナス』半信半疑でバディを組んだ妻夫木聡×吉高由里子 吉高の全てがミスリードな気もする

2話で楓が怪しかった点

まず、矢神牧雄(池内万作)がエスカレーターから突き落とされ、パトカーが駆けつけた途端、手島伯朗(妻夫木聡)の手を引いて「行きましょ、いいから!」と、逃げるように現場から立ち去ろうとしたのが気になる。それだけ慌てているのに、パーキングから車を出すときは律儀に領収書を欲していたのも理解不能だ。

そのまま矢神家へ向かうと、駐車場に停めてある車に触れて熱さを確認し、「今戻ってきたばかりだと思う」と推測。そして、矢神家の面々のアリバイを片っ端から確認するという常人離れした行動まで見せた。

別日には矢神勇磨(ディーン・フジオカ)の車にGPSを貼り付けようと提案した楓。「そんなことしていいのか?」と躊躇する伯朗に「日本の警察の捜査では違法らしいんですけど、お義兄様は一般人ですよね?」とGPSを手渡し、勇磨の車に付けるよう彼女は促すのだ。まるで、一般人の伯朗ならOKだけど、自分が付けるのはNGと言わんばかりの態度。楓は明らかに一般人ではない。刑事か? はたまた探偵? 少なくとも素人とは思えぬ手際の良さだ。

楓は伯朗や明人に敵対する存在ではない

そんな怪しすぎる楓の素性を探るため、勇磨は「楓のスマホを盗んでこい」と伯朗に促した。楓からは勇磨を探るための協力を仰がれ、勇磨からは味方になれと誘われた伯朗。板挟みにあった彼は自分の直感に従い、楓を信じることにした。

「やっぱり、楓さんが騙しているとは思えない……!」(伯朗)

あわせて読みたい

吉高由里子のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュース

次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

危険なビーナス

危険なビーナス

妻夫木聡演じる正義感の強い独身獣医師・手島伯ロ朗と、吉高由里子演じる伯朗の前に突然現れる“謎の美女”八神楓が30億円の遺産をめぐる壮大な謎解きに挑む“危険”なラブサスペンス。TBS日曜劇場にて、2020年10月11日〜放送中。

2020年10月25日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。