review

『危険なビーナス』半信半疑でバディを組んだ妻夫木聡×吉高由里子 吉高の全てがミスリードな気もする

       
『危険なビーナス』半信半疑でバディを組んだ妻夫木聡×吉高由里子 吉高の全てがミスリードな気もする
イラスト/ゆいざえもん

『危険なビーナス』1話

10月11日より『危険なビーナス』(TBS系)が日曜劇場の枠(日曜よる9時〜)でスタートした。社会現象を起こした『半沢直樹』の後に続くドラマである。これはプレッシャーだろうな……。

【関連記事】恋愛道の矜持を見た吉高由里子『東京タラレバ娘2020』 ドンデン返し要員に松下洸平をキャスティングの妙

ただ、今作への期待値も高い。原作は東野圭吾の小説『危険なビーナス』(講談社文庫)で、脚本を務めるのは『グランメゾン東京』(TBS系)でヒットを飛ばした黒沢勉だ。そして、主演の妻夫木聡は『オレンジデイズ』以来、16年ぶりの日曜劇場主演である。そもそも、テレビドラマに出演する彼を見ること自体が久々な気がする。

小日向文世がただの叔父さんで終わるわけがない

第1話で提示されたのは、手島伯朗(妻夫木聡)の弟で、矢神楓(吉高由里子)の夫である矢神明人(染谷将太)が失踪したという事実。そして、明人が相続権を持つ30億円の遺産をめぐる矢神家の相続争いだ。このストーリーは『犬神家の一族』を意識している? だって、矢神家と犬神家は字面も酷似しているし。何にせよ、テーマとしてはわかりやすく、焦点はすっきり絞られていると思う。

なのに、なかなか頭がこんがらがるドラマだった。その理由は、登場人物の多さだ。相関図が凄く複雑で理解しきれない。いっそ、ワイプに相関図を表示してほしいと思っていたら、実際に本編で相関図が紹介されたほど。なのに、矢神家長女の波恵(戸田恵子)は「父が〜」「兄が〜」と名前ではなく続柄で家族を呼ぶので、観ている側は混乱する一方だった。それもこれも、矢神家の主だった康之介(栗田芳宏)があちこちに子どもを作るからだよ……。

というわけで、1話は登場人物の紹介に重きが置かれていた印象。

あわせて読みたい

吉高由里子のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュース

次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

危険なビーナス

危険なビーナス

妻夫木聡演じる正義感の強い独身獣医師・手島伯ロ朗と、吉高由里子演じる伯朗の前に突然現れる“謎の美女”八神楓が30億円の遺産をめぐる壮大な謎解きに挑む“危険”なラブサスペンス。TBS日曜劇場にて、2020年10月11日〜放送中。

2020年10月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。