review

恋愛道の矜持を見た『東京タラレバ娘2020』ドンデン返し要員に松下洸平をキャスティングの妙

恋愛道の矜持を見た『東京タラレバ娘2020』ドンデン返し要員に松下洸平をキャスティングの妙
“東京タラレバ娘”が帰って来た! 画像は番組サイトより

33歳になった倫子・香・小雪を描く『東京タラレバ娘2020』

“東京タラレバ娘”が帰って来た! 2017年、日本テレビ系の水曜ドラマ枠で放送された人気ドラマは、月刊『Kiss』で連載されていた東村アキコの漫画が原作。『Kiss』は『ホタルノヒカリ』や『逃げるは恥だが役に立つ』などヒット作の宝庫である。

【関連レビュー】ドラマ「東京タラレバ娘」がじれったい理由、坂口健太郎の重責を考える

『東京タラレバ娘』は2020年の東京オリンピックまでに独女を卒業したいアラサー独身女(タラレバ娘)の物語だから、2020年に帰ってきたのはぴったり。しかも、原作では33歳設定だったが、ドラマでは30歳設定に下がり、それでは登場人物の感じる切実さが全然違ってくると放送当時物議を醸したものだが、今回は3年経過で33歳の姿が描かれるのだ。

すべてが好機……と言いたいところだが、オリンピックが延期になってしまった。逆に、締切が延びたことでタラレバ娘にとってはラッキーな状態ともいえそうだ。

さて、33歳になった3人はどうなっているかというと……。

脚本家の倫子(吉高由里子)…仕事も恋もうまくいっていない。
ネイリストの香(榮倉奈々)…1年前に結婚。 
実家の居酒屋を手伝う小雪(大島優子)…独立してカフェをオープン予定。

3年前、30歳だった3人は、居酒屋で集っては、「あの時、あーだったら」「もっと、こーしてれば」と「タラ」「レバ」を過去に囚われ前進しなかったが、いまや、倫子をのぞいて、香と小雪は人生が充実、前進している。

前作で倫子は、誠実で仕事のパートナーとしても申し分ないテレビ局プロデューサー早坂(鈴木亮平)と別れ、倫子たちの「タラ」「レバ」を指摘するなど、毒舌だけれど影があってほっておけない金髪モデルのKEY(坂口健太郎)といい感じになったものの、KEYは海外で売れっ子になってしまった。

このまま独女街道を突っ走ることにはなるかと思ったら……仕事の資料を借りに行く図書館で知り合った図書館職員の朝倉(松下洸平)と結婚することになる。

良かった! と思ったら……結婚式でまさかの映画『卒業』体験。朝倉の元カノが出現して、朝倉は彼女と式場を後にする。ここで良かったのは、吉高由里子のウェディングドレス姿。美しいデコルテが強調されていて輝いていた。

倫子の不運を機に、きわめて順調そうな香と小雪にまで飛び火が。一緒につるんでいると感染する危険があるから、どんなに友情が厚くても、ほどよいディスタンスを心がける必要であるという教訓を得ることができる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。