A.B.C-Zが体を張り続ける『ABChanZOO』テレビ東京・小野裕之プロデューサーに訊く<前編>
『ABChanZOO』はテレビ東京ほかで毎週土曜日深夜1時20分に放送中

プロデューサーが語るA.B.C-Zの個性<インタビュー前編>

A.B.C-Zのメンバー全員が出演する体験型バラエティー番組『ABChanZOO』(テレビ東京)。2013年の放送開始から8年目を迎えてもなおチャレンジし続ける同番組のプロデューサーを務めるテレビ東京の小野裕之氏にインタビュー。番組、そしてA.B.C-Zのメンバーについて、さらには撮影の裏側についても訊く。

【インタビュー後編】NGナシのA.B.C-Zが新たに「地上波でできないようなことに挑戦」テレ東・小野Pに訊く

コンサートや音楽番組では見せない顔を

――2013年の放送開始から8年目を迎えました。小野さんは2019年から担当されていますが、小野さんから見たA.B.C-Zはどんなメンバーですか?

小野裕之氏(以下、小野):はっしー(橋本良亮)は、最初はツンツンしてるのかなって思ったんですけど、動物が好きで、ああ見えて優しいですね。カッコつけようとしているんですけど、実は家庭的で、優しい人柄が出ちゃう。あと、グループのリーダーとして、しっかりしなきゃっていうのがあるんじゃないかな。ロケの時には全力で取り組んでくれます。

戸塚(祥太)くんは、いわゆる芸術肌というか、絵がうまかったり本が好きだったり。ロケの中でもそういうところをなるべく出していきたいなと思っています。

塚田(僚一)くんは、見たらわかるんですけど、筋肉。身体能力が高いっていうとこですかね。河合(郁人)くんは、やっぱり気が利く。MCとして番組全体を見るのがうまいですね。河合くんは残りの4人の個性をどうやったら出せるかっていうことを常に考えていると思うんです。

五関(晃一)くんに関しては、ちょっとまだ謎なところが実は僕の中ではあるんだけど、シュールな感じのネタをすると、ハマることがけっこう多くて。だからどっちかと言ったら、やらされている感じのほうが五関くんにはいいのかなって思います。自らやるというよりは、身を任せるっていうのが特徴かなと思います。

――音楽番組などに出演する時と、キャラクターはさほど変わらないんでしょうか。

小野:音楽番組だと基本的にカッコつけるじゃないですか。カッコつけないといけないと思いますし。この番組では、そうじゃないところがある、という部分を出してあげたいなと思っています。普段見られない、コンサートとかではなかなか見せないメンバーそれぞれの特徴をなるべく出せていけたらと、企画も含めてそういう考え方で動いています。

毎回テーマがユニークで、バラエティに富んでいるのも『ABChanZOO』らしいところ

――番組の初回放送が2013年7月21日、今年で8年目を迎えました。番組の成長を小野さんはどのように見ていますか?

小野:僕は最初の方は関わっていないんですけど、やっぱり基本は「体を張る」。メンバーがとにかく汗かいて、苦労するなかで見つかるものというか、出来上がるものを軸に考えていて、それは今も変わっていません。

番組が始まったとき、最年少の橋本くんはまだ二十歳だったんですよね。今、橋本くんは27歳に、他のメンバーも30代になって。それでもやっぱり、いまだに体を張り続けるっていうのがいいのかな。もう年は関係なく、とにかく昔と同じようにスタンスは変えない方向がいいなと思っています。

――以前、パルクールに挑戦していましたが(2020年3月7日OAの「移動の芸術“パルクール”をクールに決めろ!」)、まさに体を張ったチャレンジでしたね。

小野:そうですね。あれは塚田くんの持ち込み企画でした。メンバーが番組で何をやりたいのか軽く会話した上で、じゃあそれを企画にしてみようかって。

――そういう機会は多いんですか?

小野:まずは制作の会議で、こんなことをやったら面白そうだよねっていうのは考えるんですけど、「これ1回メンバーに当ててみようか」と、メンバーと一緒に考えることはありますね。

――塚田さんはじめ、メンバーの持ち込み企画でボツになった企画はありますか?

小野:今じゃないよね? っていう企画は過去に何回かありました。さすがにこれ、番組じゃできないよ! というのもけっこうありますけど(笑)。あとは、戸塚くんが急に舞台の演出をしたいって言ったときは、さすがに予算が追いつかなくて……。

――直近ですと、「オリジナル衣装を作ろう第二弾」(2020年11月7日OA)は冬服を作るテーマでした。番組冒頭で河合さんが「冬服を作ろうというところに誰も疑問は持たないんですね?」と言っていたように、メンバーのみなさんはいつも企画をすんなり受け入れている印象を受けます。「ちょっとこれは無理だよ」と言われた企画はありますか?

小野:無理だよっていうのは1回もないですね。もう8年続いていて、たぶん(スタッフとの)信頼関係があるから、基本的には何をお願いしてもやってくれるとは思うんです。ていうか、メンバーも慣れちゃってるんですかね、ムチャクチャな企画に(笑)。何をやらされても、もう受け入れるしかないな、みたいな(笑)。

――小野さんや制作スタッフの方が企画を出すときは、「こういう企画をやったら、このメンバーのこういう面白い部分が出そうだ」とある程度方向を固めた目線で考えられるのですか?

小野:シンプルに、この企画をやってみたいなーっていう場合もありますし、やっぱり全員を目立たせたいので、持ち込み企画として、一人ずつ主人公を決めるパターンもありますね。

5人は互いにディスり合える良い関係

――番組公式サイトに「容赦なし、テレ東クオリティの企画が目白押し」と書かれてありますが、小野さんが思う「ここはテレ東クオリティだな」というのはどんな部分ですか?

小野:少ない予算で面白いものを作る、ということですかね。深夜番組なので、他の番組と比べても特に予算がないのですが、その中で企画を考えるっていうところが、良くも悪くもテレ東クオリティっていう表現になると思うんです。

たとえば、今は状況が状況なので、ロケにはなかなか出られない。なので会議室でほぼ完結させているんですけど、もうちょっと予算があったら別の場所を探したりもするんでしょうけど、時期も時期だし、会議室でも許されるでしょ、みたいな。そういう部分もあるのかもしれないですね。

この記事の画像

「A.B.C-Zが体を張り続ける『ABChanZOO』テレビ東京・小野裕之プロデューサーに訊く<前編>」の画像1 「A.B.C-Zが体を張り続ける『ABChanZOO』テレビ東京・小野裕之プロデューサーに訊く<前編>」の画像2