review

『おちょやん』第9週あらすじ 道頓堀に戻ってきた千代 参加する一座の座長を一平が務めることに

『おちょやん』第9週「絶対笑かしたる」<2月1日~2月6日放送>

『おちょやん』第9週あらすじ 道頓堀に戻ってきた千代 参加する一座の座長を一平が務めることに
写真提供/NHK

昭和3年、竹井千代(杉咲花)は、京都の鶴亀撮影所を離れ、新しい喜劇の一座に参加するため、4年ぶりに道頓堀に戻ってきた。千代はシズ(篠原涼子)たちと再会し、また芝居茶屋「岡安」に居候することになった。

千代が参加する一座には、旧天海一座の面々や歌舞伎、新派、歌劇団などさまざまなジャンルから来た役者が集まっていた。鶴亀株式会社から座長に指名されたのは天海一平(成田凌)だった。しかし、新しい一座に、一番の実力者である須賀廼家千之助(星田英利)が参加しないことがわかると、不安を覚えた役者たちが次々と辞めると言い出す。困った千代は千之助を訪ね、一座に参加してくれるように頼むが、千之助は自分を笑かしたら、一座に参加すると無茶なことを言う。

『おちょやん』第9週あらすじ 道頓堀に戻ってきた千代 参加する一座の座長を一平が務めることに
写真提供/NHK

一方、一平は、旧天海一座の役者たちを1人ずつ訪ね、新しい一座に参加してくれるよう説得していった。この頃、道頓堀で一番人気の喜劇は、須賀廼家万太郎(板尾創路)が率いる万太郎一座だった。鶴亀株式会社の大山鶴蔵社長(中村鴈治郎)は、道頓堀のさらなる隆盛のため、万太郎一座に対抗できる劇団を作ろうとしていたのだった。

一平の情熱が通じ、ようやく天海一座の役者たちが少しずつ戻ってきた。しかし、そんなとき、一平は突然、女形の漆原に一座を辞めるように伝える。自分が理想とする、新しい喜劇を作り、万太郎一座に対抗するためには、古くさい女形の役者はいらないから、と言うのだった。

『おちょやん』第9週あらすじ 道頓堀に戻ってきた千代 参加する一座の座長を一平が務めることに
写真提供/NHK

番組情報

連続テレビ小説『おちょやん

【放送予定】
2020年11月30日(月)~

<毎週月曜~土曜>
●総合 午前8時~8時15分
●BSプレミアム・BS4K 午前7時30分~7時45分
●総合 午後0時45分~1時00分(再放送)
※土曜は一週間の振り返り

<毎週月曜~金曜>
●BSプレミアム・BS4K 午後11時~11時15分(再放送)

<毎週土曜>
●BSプレミアム・BS4K 午前9時45分~11時(再放送)
※(月)~(金)を一挙放送

<毎週日曜>
●総合 午前11時~11時15分
●BS4K 午前8時45分~9時00分
※土曜の再放送

作:八津弘幸
演出:梛川善郎
音楽:サキタハヂメ
主演: 杉咲花
語り・黒衣: 桂 吉弥
主題歌:秦 基博「泣き笑いのエピソード」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年1月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。