『おちょやん』第9週「絶対笑かしたる」

第41回〈2月1日 (月) 放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

『おちょやん』なつかしい街・道頓堀に帰ってきた千代 高峰ルリ子(明日海りお)など新しい顔ぶれも
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

千代、道頓堀へ戻る

舞台は再び大阪・道頓堀へ。千代(杉咲花)は鶴亀興行のはじめる新しい喜劇劇団に入るため、4年ぶりに道頓堀に戻って来た。

【前話レビュー】爪痕残した若葉竜也演じる小暮が去り、そして千代(杉咲花)も京都の撮影所をあとに

なつかしい街、なつかしい顔、顔、顔。皆、千代を笑顔で迎えてくれる。家族には恵まれず天涯孤独の千代だけれど、帰れる場所があった。ここは千代が自分の力で作った人間関係であり、場所である。でもそこは静かに変わりつつあった。

芝居茶屋「岡安」のライバル店「福富」は、芝居茶屋をやめて音楽(ジャズ)喫茶になっていた。喧嘩友達だった岡安のみつえ(東野絢香)と、福富の長男・福助(井上拓哉)はなんとなく以前と雰囲気が違っている。

岡安はまだ芝居茶屋の経営を続けている。お茶子たちもみんないて、千代を大歓迎。映画スターの話を聴きたがる。かめ壺に入ったお菓子をポリポリやりながら映画スターの誰が好きかとおしゃべり。目玉の百様、ひょろりの妻様。目玉の百様は、実在する「目玉の松ちゃん」と呼ばれていた尾上松之助、妻様は「バンツマ」こと阪東妻三郎がモデルになっているのであろう。

「ここはあんたの家だす」「岡安はずっとこのままや、安心しぃ」と御寮人さん・シズ(篠原涼子)は千代に言うが、経営には行き詰まっていた。そりゃあ、京都の撮影所だって不況で俳優を続々解雇しているくらいだから、大阪の娯楽も大変なことであろう。ご贔屓さんに組見をやめると言われ、平静を装いながらも内心がっかりしていることがシズの表情から見てとれた。

それにしても、不景気になってもお茶子を全員、雇い続けているとは、御寮人さんの心意気。鶴亀撮影所とは違う(規模が違うけれど)。

篠原涼子は年を重ねてもどんな役をやっても女子っぽさがにじむ。鉄の女みたいな役をやっても行き過ぎず、観ている人を突き放さないところが人気の所以なのかなと思う。親しみやすさがあるのだ。

新劇団の座長は一平だった

道頓堀の人たちの恩返しは、良い芝居をすること。さらには売れる女優になって、借りを返そうと考える千代。

さっそく、新たな職場――新しく出来た劇団に赴くと、そこにはなつかしい天海一座の人達がいた。

この記事の画像

「『おちょやん』なつかしい街・道頓堀に帰ってきた千代 高峰ルリ子(明日海りお)など新しい顔ぶれも」の画像1 「『おちょやん』なつかしい街・道頓堀に帰ってきた千代 高峰ルリ子(明日海りお)など新しい顔ぶれも」の画像2 「『おちょやん』なつかしい街・道頓堀に帰ってきた千代 高峰ルリ子(明日海りお)など新しい顔ぶれも」の画像3