review

朝ドラ『おちょやん』女形の要二郎を劇団から切った一平(成田凌)の真意 女性役は女性が演じるべきか

『おちょやん』第9週「絶対笑かしたる」

第44回〈2月4日 (木) 放送 作:八津弘幸、演出:梛川善郎〉

朝ドラ『おちょやん』女形の要二郎を劇団から切った一平(成田凌)の真意 女性役は女性が演じるべきか
イラスト/おうか
※本文にネタバレを含みます

女性役は女性が演じるべきか

一平(成田凌)を座長にして生まれた新しい劇団を辞めた天晴(渋谷天笑)徳利(大塚宣幸)を呼び戻すことに成功。ホッとしたのもつかの間、一平は、女形の漆原要二郎(大川良太郎)に辞めてほしいと切り出す。

【前話レビュー】嵐や〜〜! 天晴(渋谷天笑)戻るも一平(成田凌)の爆弾発言で予想外の展開に

「女の役は女の人に演じてもらいたいんです」という理由で。名優・千之助(星田英利)がいなくても、万太郎一座に対抗できる新たな喜劇を作るため、これまで慣習のようだった男が女性を演じることを変えたいという野心に燃える一平。
“歌舞伎やシェイクスピアみたいに何度も上演されるもの”を作りたいと言うが、歌舞伎やシェイクスピアこそ、女性を舞台にあげていなかったのであるが……。

ここで一回、復習しておくと、歌舞伎では、もともとは出雲阿国を筆頭に、女優もいたのだが、江戸時代、女優が出ることが禁止されたため、男性が女性を演じることになり、その独特の芸が洗練されていった。『演劇小辞典』には、“曾我廼家系の喜劇などにもすぐれた女形がいて“とある。

曾我廼家系とは『おちょやん』の須賀廼家万太郎や千之助などのモデルになっている系譜である。万太郎がおばあさんを演じたり、要二郎が女性を演じたりしているところに、すぐれた芸があるものとしてドラマでは描かれていると考えていい。でもその芸をあえて封印しようとする一平の本気。

「これは自分のことだと思ってもらいたい」という言葉には、女性観客の気持ちに寄り添いたいという思いがあるのだろう。ここでは、以前、千代が天海一座で女中の代役をやったときに女性の気持ちが真に迫っていたと感じたというふうに繋げてほしかったが、そこは勝手に観ているほうが繋げて観ることにしておく。

ここで注目したいのは、「男の役をやってもらえませんか」と頼む一平に「ええ加減にしいや、若造」とキレたときの要二郎の顔。それまで女形らしくやわらかな表情をたたえ続けていた彼が、険しい顔になり、声も荒くなる。男性性に戻ったような印象だ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「朝ドラ『おちょやん』女形の要二郎を劇団から切った一平(成田凌)の真意 女性役は女性が演じるべきか」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    今回の朝ドラ、つまんない。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おちょやん

おちょやん

NHK「連続テレビ小説」第103作目の作品。女優の道にすべてを懸ける杉咲花演じるヒロインが、喜劇界のプリンスと結婚。昭和の激動の時代に、大家族のような劇団生活を経て、自分らしい生き方と居場所を見つけていく。2020年11月30日~放送中。

2021年2月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。