review

『ネメシス』厳しく抑圧された女学院で起きた事件をアンナ(広瀬すず)&風真(櫻井翔)の凸凹コンビが解決

『ネメシス』厳しく抑圧された女学院で起きた事件をアンナ(広瀬すず)&風真(櫻井翔)の凸凹コンビが解決
イラスト/AYAMI

※本文にはネタバレがあります

『ネメシス』第4話 AIという名のもとに

櫻井翔演じるポンコツ探偵・風真尚希と、広瀬すず演じる天才過ぎる助手・美神アンナがバディを組み、超難解事件を解決していくドラマ『ネメシス』(日本テレビ系 / 日曜よる10時30分〜)。第4話は姫川烝位(奥平大兼)がAIを駆使して捜査が一気に進んだ。

【前話レビュー】風真尚希(櫻井翔)と新たに加わった四葉朋美(橋本環奈)の“キュンです”合戦にキュン♡

デカルト女学院で起きた男性美術教師・黒田秀臣(水間ロン)が転落死。同学院で働くスクールカウンセラーの雪村陽子(村川絵梨)がネメシス探偵事務所を訪れ、他殺ではないかと相談にやってきた。

雪村から相談を受け、話を聞いた風真。栗田一秋(江口洋介)の反応をみながら会話を進めていた。栗田やアンナのリアクションや言葉を受けて、さも自分の言葉のように伝える風真。機転をきかせるのが上手い。栗田の意向で、一度は断る流れになったものの、「デカルト女学院」の名を聞いて一変。栗田が即OKした。栗田には別の目的があったのだ。

学院に生徒として潜入することになったアンナ。制服姿がキュートだった。転校生として自己紹介を終え、「インドのトンボッッ!!」と、ついでにモノマネを披露した。第2話で道具屋の星憲章(上田竜也)が爆笑していたが、ここでは全くウケなかった。なぜモノマネを、そして星の笑いのツボよ……。

さっそく黒田についての情報を入手するアンナ。風真も栗田の指示で学院を訪れた。名探偵の登場に沸き立つ学園。キャー!と黄色い声援を浴びる風真。その姿は嵐の櫻井翔のようだった。はじめはアンナ一人で大丈夫ですかね、と気にかけていた風真だったが、栗田が“外側”からアンナをサポートするように指示した。

今回は捜査にあたっていた警察の千曲鷹弘(勝地涼)四万十勇次(中村蒼)のタカ&ユージが協力的で、むしろ学院の教頭である南禅寺光江(MEGUMI)が壁だった。学院のイメージを守るべく警視庁の関係者に依頼し、16時までに捜査を終えるよう根回しするなど、学長不在のなか学院内を取り仕切っていた。事件は3階の美術室からとみられ、工事中の中庭の花壇に転落した。生徒の中には落下する黒田の姿を見たという者もいた。

捜査はAIで

さて、今回大活躍したのが風真の教え子の姫川烝位。15歳のときにAI研究で評価され、「世界を変える50人」に選出されたという天才エンジニア。テンションの高い風真に対して、口数少ない姫川がクールに映った。

チャチャっと捜査用のAIを開発した姫川。生徒や教員のスマホアプリをインストール。音声で証言をとり、AI分析によって証言の辻褄が合わない人物をあぶり出した。大幅な時間短縮につながっただけでも素晴らしいのだが……周囲はさらに犯人捜しをAI=姫川に求めた。便利なものにはすぐに馴染み、あっという間に“普通”のことになってしまう。姫川が冷静に警察や探偵と、AIの役割に線引きをしていたのが印象的だ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ネメシス

ネメシス

映画『22年目の告白 -私が殺人犯です-』の入江悠監督が仕掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。櫻井翔演じるポンコツ探偵と広瀬すず演じる天才すぎる助手が超難解な事件を次々解決。日テレ系にて、2021年4月11日〜放送中。

2021年5月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。