KAT-TUN上田竜也 情に厚くまっすぐでユニーク、嵐・櫻井翔を守る“軍団”若頭
イラスト/おうか

10月4日に37歳の誕生日を迎えたKAT-TUN上田竜也。現在レギュラー出演中の『炎の体育会TV』(TBS系)の視聴者ならば、上田ジャニーズ陸上部や水泳部などでみせる熱血ぶりから、ジャニーズとしてはちょっと珍しい“熱い男”という印象を持った人もいるだろう。

【レビュー】KAT-TUN上田竜也、鍛えた肉体でマイナス50度に挑んだ、サソリ食った「全世界極限サバイバル」

見た目からは想像つかない…上田竜也の魅力的なギャップ

ツンと立たせたヘアスタイルにアラフォーとは思えない美肌、鍛え上げた身体から放たれるのは、甘い甘い歌声もあれば、時には熱く叱咤激励もする……。彼に関連するキーワードを挙げれば、櫻井軍団の若頭、シュガーキャンディーチョコレートボイス、チャンカパーナ再履修…ちょっと何言ってるかわからない状態かもしれないが、見た目で「なんだか怖そう」と思っているならばもったいない。情に厚くまっすぐでユニークで、実はバラエティに富んだアイドルなのだ。

嵐の櫻井翔をアニキと慕う上田。上田が辛い時期に寄り添ってくれたのが櫻井で、いまでは二人でご飯にいくほどの仲だという。先日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』では、「カッコいい」と言わせるゲームで、櫻井が最初に電話をしたのが上田だった。「俺にいま抱く印象を二つ三つ教えてもらいたい」と櫻井がゲームに沿って質問すると、上田は「頼もしいアニキ」、「もう一個…なんだろう、『守るべき人』」と回答。ゲームとしては成立しなかったが、「守るべき人」がなんとも上田らしい言葉。さらに、「後でメール送りましょうか?」と律儀な一面も露わに。

コンサートでのこと。楽曲の一部のパートをファンに委ねたのだが、上田は「おい、全然聞こえねぞ!」と煽ったかと思えば、「温まってきたな!」とさりげなくフォロー。最後は「マリンメッセぶっ壊そうぜ!」と盛り上げた。厳しさと優しさと、熱すぎるがゆえの物騒さ…ありきたりではない煽り文句には、頬が緩んでしまう。

ソロ曲ではファンをステージに上げて熱きラップバトルを繰り広げたこともあれば、上田のピアノ演奏で、メンバーの亀梨和也と中丸雄一が歌を披露したこともある。

音楽番組では、「ジャニーズシャッフルメドレー」と題して、グループの枠をこえたメンバー構成で楽曲を披露するのだが、昨年上田はNEWSの楽曲「チャンカパーナ」を披露した。そして、今年も同曲を披露することになり、ファンの間では、前回細かな振り付けを踊らなかったことが理由ではないかと囁かれた。そこから「チャンカパーナ再履修」と呼ばれ、見どころの一つとなった。

この記事の画像

「KAT-TUN上田竜也 情に厚くまっすぐでユニーク、嵐・櫻井翔を守る“軍団”若頭」の画像1 「KAT-TUN上田竜也 情に厚くまっすぐでユニーク、嵐・櫻井翔を守る“軍団”若頭」の画像2