review

『ネメシス』櫻井翔のサクラップならぬ“カザラップ”がお茶の間にぎわせた第2話 広瀬すずも強ぇぇぇ

『ネメシス』櫻井翔のサクラップならぬ“カザラップ”がお茶の間にぎわせた第2話 広瀬すずも強ぇぇぇ
イラスト/AYAMI

※本文にはネタバレがあります

『ネメシス』第2話 HIP HOPは涙のあとに

櫻井翔演じるポンコツ探偵・風真尚希と、広瀬すず演じる天才過ぎる助手・美神アンナがバディを組み、超難解事件を解決していくドラマ『ネメシス』(日本テレビ系 / 日曜よる10時30分〜)。第2話も上原黄以子(大島優子)のドリフト、風真のサクラップならぬカザラップもキマって、痛快に事件を解決に導いた。

【前話レビュー】探偵も刑事もクセが強い! 推理のアンナ(広瀬すず)×話術の尚希(櫻井翔)令和のバディ誕生

探偵事務所ネメシスを訪ねてきたのは、まだ幼い中学生の神谷節子(田牧そら)。兄の樹(窪塚愛流)が一週間前から行方がわからなくなったと捜索の相談にやってきた。児童養護施設「あかぼしの家」で育った兄妹。兄は妹のためによからぬ手段に出てしまった……。

「あかぼしの家」で撮った兄の写真をみせると、栗田一秋(江口洋介)が即座に反応した。写真を手にC.E.O ROOMに入った栗田。「やろう。その依頼、探偵事務所ネメシスが引き受けた」とあっさり快諾。写真に写る景色にピンときた栗田。よほど見ていないとこの反応はできないはずだ。

「節子ちゃんごめんね、これ社長の趣味でさ~」と、左腕を窓において、得意げに運転する風真。カーステレオからはHIP HOPが流れていた。みんなで樹に関係のある場所を探っていくうちに、クラブ「P.O.P」にたどり着いた。そこには樹とサイファーをやっていた仲間が登場。阿久津(渡辺大知)や、木嶋(般若)に話を聞くうちに思わぬ展開へ。

「Yeah、Yeah、Yeah! 初めてやっちゃってる これサイファー? I’m アンナ 覚えてくださいな。まだまだ駆け出し探偵見習い、追いかける謎、まだわからない。こっちは名探偵風真尚希、実は苦手、朝の早起き」。何気にしっかりと韻を踏んでサイファーに興じるアンナ。腕を組んで少し硬めの表情の風真、「もう!」のタイミングがバッチリ合っていた。

この甲斐あってか、最近樹は西園寺佑(菅原健)らの半グレ集団とつるんで振り込め詐欺に加担しているとの噂を入手した。ちなみに、樹を演じた窪塚愛流は、苗字のとおり父は窪塚洋介。本作がドラマデビューなのだそう。パパ譲りの鋭い眼差しが印象に残った。

新たなメンバー道具屋の星憲章

道具屋の星憲章として第2話から登場した上田竜也(KAT-TUN)。今回は依頼を受けて、追跡に必要なシールタイプの小型GPSを作ってくれた。まるでドラクエに登場する道具屋のようだ。

ゲーミングチェアに座り、口数少なそうな、いかにも“職人”らしい雰囲気。しかし、アンナのモノマネがツボに入ってかわいらしい笑顔をみせ、ネメシスのために10分の時間をくれた。そして「情報屋じゃない」と言っていたが、有力な情報も仕入れられそうだ。が、風真とはどんなふうにして出会ったのだろうか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ネメシス

ネメシス

映画『22年目の告白 -私が殺人犯です-』の入江悠監督が仕掛ける完全オリジナル脚本のミステリーエンターテインメント。櫻井翔演じるポンコツ探偵と広瀬すず演じる天才すぎる助手が超難解な事件を次々解決。日テレ系にて、2021年4月11日〜放送中。

2021年4月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。