review

『おかえりモネ』第47回 東京編、ここが宮城編と変わった

『おかえりモネ』第10週「気象予報は誰のため?」

第47回〈7月20日(火)放送 作:安達奈緒子、演出:梶原登城〉

※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第48回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


東京に出てきたその日に、百音((清原果耶)朝岡(西島秀俊)の所属するウェザー・エキスパーツの仕事の手伝いでテレビ局(J テレ)に行く。夜の報道番組『ニュースJ』のスタッフがインフルエンザになったため、助っ人で入ることになったのだ。何もかも見たことのない環境に戸惑う百音だったが、オンエアが着々と近づいてくる。神野マリアンナ莉子(今田美桜)が朝岡の代わりに天気予報を読むと張り切るが……。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第47回掲載中)

「インフルじゃないよね?」

百音でなくても別世界に来た気分になる東京編。海も山も空も見えない世界。人と機械にあふれた世界――テレビ局。セットとNHKの局内とを混ぜて撮影しているようである。

ふいに現実の世界が現れ、登米や亀島がファンタジーの世界だったように思える。内田(清水尋也)がくしゃみをしそうになり止めると、野坂(森田望智)がキッと「インフルじゃないよね?」と反応し、内田は「花粉症です!」と慌てて強調するところなんて2020年の現実そのもの。ただし、「インフル」は「コロナ」に置き換えられるが。そして、ドラマはまだ2016年。コロナの前の時代であるのだが……。そう、コロナ禍前は、花粉症なのにインフルを疑われていたのであった。懐かしい。

内田はマスクして仕事に励むが、ついに大きなくしゃみを。こういう現実味のある場面は印象に残る。

野坂「花粉症だよね?」
内田「花粉症です」
野坂「……スギ?」
内田「ブタクサ……」
百音「まだスギかヒノキ」
内田「ヒノキ」
百音「はい 4月なんで……」

やっと百音が山の知識を生かすことができた。このやりとりが面白い。ぼそっとした言い方に味わいがある。

『おかえりモネ』第47回 東京編、ここが宮城編と変わった
写真提供/NHK

「ハラスメント講習受けたことあります?」

現実味があるといえば、社会部記者の沢渡公平(玉置玲央)。ちょっとぼさぼさの髪で、態度は横柄な感じで、いかにも記者ふう。「莉子ちゃん」と「ちゃんづけ」で馴れ馴れしく語りかけ、「見てる、じっくり」と顔を接近させ、野坂に「ハラスメント講習受けたことあります?」ととがめられる。

気にせず、今度は野坂を形式的に褒めるが、「いい加減、女性の笑顔はドン引きと表裏一体と覚えてください」と野坂は手厳しい。それでもどこ吹く風という様子。

沢渡を演じている玉置玲央がクールで知的な感じなため、あまりいやな感じもしなかったが、演じる人によってはすごくいやらしい感じにもなるだろう。「この程度でいちいちいやがるタイプじゃないでしょ」なんてセリフ、女性を見下している。莉子がニコニコ応対しているので、増長してしまうのである。それに引き換え野坂は毅然と沢渡に対応する。

玉置玲央は、土曜ドラマ『ひきこもり先生』で主人公(佐藤二朗)のひきこもり友だち役、『モネ』の脚本家・安達奈緒子の書いた土曜ドラマ『サギデカ』では振り込み詐欺グループのリーダーを演じていた。劇団・柿食う客の一員として活動していて、身体表現の豊かさに定評があり、テレビドラマでも印象的な動きをよくしている注目株だ。

この記事の画像

「『おかえりモネ』第47回 東京編、ここが宮城編と変わった」の画像1 「『おかえりモネ』第47回 東京編、ここが宮城編と変わった」の画像2 「『おかえりモネ』第47回 東京編、ここが宮城編と変わった」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

西島秀俊のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「西島秀俊」に関する記事

「西島秀俊」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「西島秀俊」の記事

次に読みたい「西島秀俊」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク