review

『おかえりモネ』第88回「まずはあなたが落ち着いて」シン・ゴジラのようなことを言う菅波(坂口健太郎)

『おかえりモネ』第18週「伝えたい守りたい」

第88回〈9月15日(水)放送 作:安達奈緒子、演出:桑野智宏、原英輔〉

『おかえりモネ』第88回「まずはあなたが落ち着いて」シン・ゴジラのようなことを言う菅波(坂口健太郎)
イラスト/AYAMI
※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第89回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


2019年9月(令和元年)。大型の台風12号が近づいてきていた。今回の『モネ』はほとんど天気予報シーン。ドラマなのか天気予報なのかわからないということはないとはいえ、なかなか臨場感ある回だった。いつもはたいていアヴァンがあってタイトルバックだが、この回はタイトルバックからはじまったので、リアルタイムに進行している感がある。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第88回掲載中)

台風上陸3日前。首都圏を直撃する危険性があって、百音(清原果耶)たちはピリッとする。台風が来るまでの3日間が、朝岡(西島秀俊)がよく言っていた「リードタイム」。この時間をいかに有効に使えるか。百音たちの知恵の発揮どころである。

2日前。雨はまだ降らない。住人たちに雨が降る前にその危機感を抱いてもらうことは難しい。どう危険を伝えたらいいか百音は迷う。汐見湯で泊まりがけ勤務の準備をしていると、菅波から心配のメール。「まずはあなたが落ち着いて」と『シン・ゴジラ』のようなことを言う菅波。

2019年ということは映画『シン・ゴジラ』はすでに公開されている。菅波と百音は一緒に観ているかもしれない。百音は鮫のぬいぐるみを抱えていて、たしかにちょっと焦っているようである。鮫じゃなくて蒲田くんだったら可笑しかったのに。

百音は思わず電話をかけ、菅波にアドバイスをもらう。こんな時、欲しい言葉をくれる菅波。本当にありがたい存在である。

菅波が言っていた、未来に何が起こるか具体的にわかると準備がしやすいという話は災害や医療に限ったことではないと感じる。日常でも近い先のことを具体的に思い浮かべると動きやすい。逆に、ビジョンが浮かばないと全然行動できない。良くも悪くもビジョンを持つことが大事である。

『おかえりモネ』第88回「まずはあなたが落ち着いて」シン・ゴジラのようなことを言う菅波(坂口健太郎)
写真提供/NHK

宇田川さん!

百音が出かけるとき、菜津(マイコ)たちは台風が来たときのための準備をしていて、ヒロくんこと宇田川さんが荷物を2階にあげてくれていたことがセリフで語られる。宇田川さん! まだ一度も姿を見せていないにもかかわらず、こんなにも存在感があるなんてすごいことである。

台風上陸直前。百音の提案で、実施に雨を降らして視聴者に注意を促す。雨の量と状況がよくわかって、こんなに降るなら注意しようという気持ちになる。

現実では2019年9月、千葉付近に台風15号が上陸した記録が残っている。14号は日本に来ていない。とすると、ドラマは現実とまったく同じではなく、違う世界線であることがわかる。世界線の違いは今後に関係があるだろうか。現実では10月にはまた大きな台風19号が関東に来たり、その数カ月後、コロナ禍が起こったりするわけだが……。


あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~放送中。

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク