review

『おかえりモネ』第87回「光太朗さん」「百音さん」肩が触れ合う距離、密です!(微笑ましくて尊い)

『おかえりモネ』第18週「伝えたい守りたい」

第87回〈9月14日(火)放送 作:安達奈緒子、演出:桑野智宏、原英輔〉

『おかえりモネ』第87回「光太朗さん」「百音さん」肩が触れ合う距離、密です!(微笑ましくて尊い)
イラスト/AYAMI
※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第88回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


2019年9月(令和元年)。BUMP OF CHICKENの主題歌「なないろ」の歌詞<闇雲にでも信じたよ きちんと前に進んでるって>のように皆、少しずつ前に進んでいる。百音(清原果耶)菅波(坂口健太郎)莉子(今田美桜)も永浦家も……。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第87回掲載中)

百音は社長プレゼンで「あなたの町の気象予報士 全国津々浦々計画」を提案。社長には「これが採用になったら、永浦さん地元でおやりになるの?」と指摘され、菅波にも「気仙沼に帰りたいですか?」と百音の心を慮(おもんぱか)れる。

目下、『モネ』は百音の仕事(地元愛)と菅波との恋と、莉子の仕事の3本が軸になっている。この3つのどれに最も興味を引かれるかは人それぞれである。さて、みなさんはどれに引かれているだろうか。

百音の仕事

ウェザー・エキスパーツに入社して4年。百音も図などを駆使して社長プレゼンを行うまでに成長した。

彼女が提案した「あなたの町の気象予報士. 全国津々浦々計画」とは気象予報士を全国各地に派遣し、その地域ならではの情報で地元住民をケアすること。地域密着で地域ならではの生活を把握し、医療とも連携し、より細やかな住民ケアを行おうというアイデアで、言ってみればウェザー・エキスパーツで行っているコンサルの各地域バージョン。ただ、そうすると、百音は地元に戻ってこの仕事をやるということなのかと社長に指摘されて、百音ははっとなる。

気象予報士を全国に派遣するにはたくさんのスタッフが会社として必要になるし、百音の私的な事情でこれほどの大きな事業を会社がはじめるにはリスクもあるだろう。でも百音がはっとなったのは、そこまで私的な目的を会社で果たそうとは思っていなかったからであろう。

彼女は潜在意識下で地元の気候を把握して、もう二度とあの時のようなことが起こらないようにしたいと思っているだけで、だからこそ指摘されてはっとなったのだと推測できる。そして、2カ月前に菅波にも「気仙沼に帰りたいですか?」と指摘されたことを思い出すのである。

『おかえりモネ』第87回「光太朗さん」「百音さん」肩が触れ合う距離、密です!(微笑ましくて尊い)
写真提供/NHK

菅波と百音

2カ月前の夏、百音は汐見湯の番台前で2カ月ぶりに会った菅波に「全国津々浦々計画」の相談をしていた。

気象の仕事を医療にも結びつけ、恋人に相談に乗ってもらう、それすなわち、軌道に乗れば一緒に仕事ができるということである。恋と仕事が一緒になる、ある種の理想的なパートナーシップの形ができつつあった。やるなあ百音。

菜津(マイコ)はふたりの似顔絵を番台から描きながら、ふたりに、仕事ばかりしないで食事にでもいけば?と助言する。似顔絵に、ふたりの写真を撮っていた田中さん(塚本晋也)を思い出す。

第6週に登場した田中さんは百音の父母の友人でカメラマン。気仙沼でジャズ喫茶をやっていたが、ガンを患って菅波に診てもらっていた。まだ知り合ったばかりの百音と菅波の写真をこっそり撮って店に飾っていた。その後どうしているのやら……。

その写真よりも菜津の似顔絵のふたりはだいぶ接近している。並んで企画書を見ているふたりの肩のふれあい方もかなり密接。名前の呼び方もそろそろ変えようという話になる。「先生」→「光太朗さん」、「永浦さん」→「百音さん」。名前をどう呼ぶか迷うのは、付き合った時“あるある”のひとつ。

百音と菅波とがなかなか付き合わないで慎ましかったからこそ、かなり好意的にふたりを見守ってきた今だから微笑ましく観ることができるものの、初期でこういうベタついたやりとりがあったらいらっとなったかもしれない。極めて慎重にふたりを描いたことは大成功だったと感じる。

莉子に転機が……

今、世間では「俺たちの菅波」として菅波が理想の男子として受けている。百音と菅波の関係に注目が集まる中、莉子と高村(高岡早紀)のエピソードが地味ながら光る。内田(清水尋也)のイケメンパワーに押され気味の莉子に高村が帯番組の報道キャスターの話を持ってくる。だがそれは地方局のものだった(仙台)。

高村はかつてキャスターの座を降りた経験があり、莉子を心配していて、この話も地方局のディレクター発のように言っていたが、莉子は高村が推薦してくれたのだと気づく。自分が言ったと言わないところに高村の莉子への気遣いがあり、それを察する莉子も敏(さと)い。


あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~放送中。

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク