review

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』番組スタッフ語る「赤ちゃんの良い表情は上白石萌音さんの尽力の賜物」

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第4週「1943-1945」

第18回〈11月24日(水)放送 作:藤本有紀、演出:安達もじり〉

写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第19回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


終戦

ラジオから玉音放送。終戦の報せだ。やがてラジオから天気予報が流れるようになり、次第に日常が戻ってくる。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜18回掲載中)

だが、空襲でひさ(鷲尾真知子)小しず(西田尚美)が亡くなり、家も菓子司「たちばな」も焼失した金太(甲本雅裕)は空襲から逃れた雉真家で臥せったまま。

安子(上白石萌音)は闇市で小豆を買っておはぎを作るが、金太は相変わらず覇気がない。気丈に振る舞っている安子も次第に心が折れかかる。それでも稔の写真を支えにして気持ちを立て直そうとするが……。

9月、激しい台風16号の中、金太が行方不明に。雨の中、安子が探しに出ると、「たちばな」の焼け跡を金太が掘り起こしていて、砂糖が入った缶を見つけた。

「あねんまじいおはぎをそなえられたんじゃあ、小しずらも安心して成仏できんわ」

戦争でアイデンティティーを喪失した者が焼け跡から菓子職人としてのアイデンティティーの欠片を発見することで立ち上がる一歩になる瞬間。

これまでの“朝ドラ”では、男性はたいてい、終戦の時、悔しそうに、でもぐっと忍耐している表情が多かったが、金太はひと目も憚らず大泣きする。そんなところも新鮮だった。『エール』の主人公も戦争でダメージを受けるが、戦争に加担した側としての反省だった。金太は戦争の被害者としての感情を体現する。そこに大雨が降り注ぐ。

朝ドラ名物・玉音放送、史実に基づいた台風の取り入れ方の妙、上白石萌音の心臓の鼓動が聞こえてきそうな迫真の演技のある第18回。制作統括・堀之内礼二郎チーフプロデューサー、広報プロデューサー・齋藤明日香さん、第4週を演出した安達もじりさんに取材した。

上白石萌音さんと赤ちゃん

『カムカムエヴリバディ』第4週は悲しいことが踵を接するような中、安子とるいのシーンがほっとする。とりわけるいが誕生した第16回や橘家に来た第17回の愛くるしさは格別だった。また、第18回の焼け跡を歩く時にはおとなしくじっとしていて、赤ちゃんも名優の貫禄。第4週の演出を担当した安達もじりさんは、赤ちゃんの良い表情はすべて上白石萌音さんの尽力の賜物と語る。

安達:上白石さんはお母さん役の経験もあったそうです。今回、るいが生まれるシーンを撮る時には『るいちゃんに会ってきてください』と現場に送り出したら、とても良い表情をしてくれて胸が熱くなりました。

上白石さんは現場で赤ちゃんと四六時中、時間を過ごしてくださっていました。赤ちゃんがどのシーンでもあれだけいい表情をするのは、上白石さんが自分の子のように接しているからだと思います。


私は『べっぴんさん』の時、かなりの長い期間、赤ちゃんと共に過ごした経験から、赤ちゃんは形だけで接すると泣きわめいて大変であることを痛感しています。お母さん役の俳優さんの力が必要なんです。『べっぴんさん』の芳根京子さんもよくやってくださいましたし、今回、上白石さんにも本当に助けてもらいました。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』番組スタッフ語る「赤ちゃんの良い表情は上白石萌音さんの尽力の賜物」
写真提供/NHK

広報プロデューサーの齋藤明日香さんは上白石さんとおんぶひもの話を教えてくれた。

齋藤:最初はおんぶひもを見せるだけで赤ちゃんは縛られると思うのか、いやがっていたんです。ところが、上白石さんが休憩中におんぶひもを使ってずっと背負ってくれていたおかげで、赤ちゃんがいやがらなくなって、良い画が撮れたと思います。

制作統括の堀之内礼二郎チーフプロデューサーは上白石さんもまた赤ちゃんから良い影響を受けていたのではないかと言う。

堀之内:上白石さんは『子どもと芝居をしていると芝居ではない領域に連れていってもらえる』と言っていました。子供は芝居していない。その瞬間、精一杯生きてそこに存在している。そこから役者として得るものがあったのではないかと思います。


第5週はますます子役のシーンが多くなるので、安子とるいの場面を楽しみにしていてください。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』番組スタッフ語る「赤ちゃんの良い表情は上白石萌音さんの尽力の賜物」」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』番組スタッフ語る「赤ちゃんの良い表情は上白石萌音さんの尽力の賜物」」の画像2 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』番組スタッフ語る「赤ちゃんの良い表情は上白石萌音さんの尽力の賜物」」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ

NHK「連続テレビ小説」第105作目。ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に、3人のヒロイン(上白石萌音・深津絵里・川栄李奈)が、母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー。2021年11月1日~放送中。

お買いものリンク