review

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第19回 驚きと悲しさで胸を突かれた展開は藤本有紀ならではの構成の妙

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第4週「1943-1945」

第19回〈11月25日(木)放送 作:藤本有紀、演出:安達もじり〉

写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第20回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


『マッチ売りの少女』みたいだった

10月、金太(甲本雅裕)がようやく立ち直りを見せ、安子(上白石萌音)に「たちばな」のおはぎの作り方を伝授する。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜19回掲載中)

子どもの頃、安子は菓子職人に憧れたものの、女性は工場に入れてもらうことができずに涙を飲んだ。それがいま、父におはぎの作り方を教えてもらえて「嬉しいなあ」としみじみする。

いいことなんてひとつもない戦争ではあるが、こうして男性社会の象徴である工場を破壊し、安子がおはぎ作りを学べる平たい世界ができたのである(もちろんその後、まだまだ格差は社会で続いていくのだが)。

「おいしゅうなれ。おいしゅうなれ。おいしゅうなれ」

杵太郎(大和田伸也)から教わった魔法の呪文を唱える金太を傍らで見つめ、小豆の声を聞き、「あ!」と適切なタイミングで気合を入れて鍋をあげる。『カムカム〜』は金太が安子におはぎ作りを教えるように、物語を作ることはこういうことだと教えてくれるようである。金太と少年のエピソードが寓話のようだった。

こんな時こそお菓子が必要だと菓子(おいもを使ったおはぎみたいなもの)を作って売り出しはじめた金太と安子。ここで、安子が雉真の仕事をしながら、そして小しずの地元で手伝う代わりに小豆を分けてもらっているというナレーションが入り、安子がいかに働いているかわかる。

食糧難で甘味を求める人々にお菓子は大好評。そこへ現れた少年が盗みを働く。金太は彼に菓子を一箱渡し、売ってくるように言う。「お前の才覚で売ってけえ」と少年を試す。

売上の一部が少年の儲けになるとはいえ、このご時世、子どもは菓子の売上をすべて持ち逃げしてしまうのではないか。誰もがそう思ったが……。

金太は少年に算太(濱田岳)の面影を見て賭けをした。少年が帰ってきたら算太が帰って来ると。つまり、算太を赦せなかった分、金太は少年を赦そうとしたのであろう。算太が借金していたことを怒り勘当して、出征時にも見送らなかったことを後悔していた金太。橘家の跡地に掘っ建て小屋を作った理由のひとつは算太がいつ帰ってきてもいいようにであったのだろう。

寒い晩、金太がひとり掘っ立て小屋にいると、「おっちゃん おはぎのおっちゃん」と戸を叩く音がした。扉を開けると、算太(濱田岳)が立っていた。なぜか算太は「わしの才覚でおはぎを売ってきた」と札束を見せる。落語のようにうまいしゃべりでお金持ちのご婦人からお金をせしめた経緯を金太に語って聞かせる。

算太がラジオをかけると、エンタツ・アチャコの「早慶戦」が流れてきた。戦時中は英語を日本語に置き換えていたが、「タッチ」「セーフ」と英語に戻り、名調子に戻っていた。橘の家族と職人たちでおはぎを頬張りながらラジオを聞いておおいに笑った光景が蘇る。

城田優のナレーションのやさしさと相まって、『マッチ売りの少女』のラストシーンのように第19回は閉じる。ナレーションの口ぶりだと、金太はひとり、小屋で夢を見ていたのだと感じられる。「おはぎのおっちゃん」という最初の子どもの声と、「わしの才覚でおはぎを売ってきた」という言葉、あの少年と算太が混ざっていることからそれは想像に難くない。

驚きと悲しさで胸を突かれるようだった。その人物の行く末を察しながら道筋を確認するように観るのではなく、ふいに思いがけないことが、まるで目の前でストンと落ちる球のように起こる。落語に詳しい藤本有紀だからこその構成の妙だ。物語は作りものなのだから、徹底的に作り込んで届ける。その矜持を感じた。


編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

カムカムエヴリバディ

カムカムエヴリバディ

NHK「連続テレビ小説」第105作目。ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に、3人のヒロイン(上白石萌音・深津絵里・川栄李奈)が、母から娘へとバトンをつなぐ三世代100年のファミリーストーリー。2021年11月1日~放送中。

お買いものリンク