武藤千春、ソロとして新たな“挑戦”をした理由とは?「一度きりの人生いろんなことを経験したい!」

武藤千春、ソロとして新たな“挑戦”をした理由とは?「一度きりの人生いろんなことを経験したい!」

武藤千春、ソロとして新たな“挑戦”をした理由とは?「一度きり...の画像はこちら >>



2014年までダンスグループE-girls・Flowerのメンバーとして活躍され、2015年からは、“女の子が発信するメンズファッション”という新しい試みのユニセックスストリートブランド「BLIXZY(ブライジー)」のトータルプロデュースを行う武藤千春さん。



現在は東京と長野県小諸市での二拠点生活を送り、ご自身で農業に取り組みながら、フードロス課題解決に向けた規格外野菜のレスキュー活動も行うなど、「有言即行」をテーマに、新しい生き方や価値観を発信されています。



そんな武藤さんに、今回はグループを卒業して独立したきっかけや、当時の心境、ブランド設立の理由などについて伺いました。
 
ーー武藤さんは2014年までダンスグループE-girls・Flowerで活躍され、翌年の2015年にはアパレルブランドを立ち上げるなど、独立して活動をしていらっしゃるかと思います。グループから個人での活動に移行しようと思ったきっかけ、またその頃の心境などを教えていただいてもよろしいでしょうか?
 
幼い頃から歌やダンスに熱中し突き進んできましたが、20代を目前にした時「一度きりの人生いろんなことを経験したい!縦幅だけじゃなく横幅も広げたい!」と、そんな想いで環境をガラッと変え、新しい挑戦をしてみようと独立しました。グループで活動していた当時は自分ができないことは周りの仲間やスタッフの方々が助けてくれていたけれど、いざ自分ひとりになったら「私はどこまでできるんだろう?」という不安とワクワクも感じていました。
 
ーー独立後の最初の活動として、アパレルブランド「BLIXZY(ブライジー)」の設立を選ばれたのはなぜだったのでしょうか?
 
グループを卒業すると決めた時はその先のプランを何も決めていなくて、今までやってきた音楽活動や働く場所、収入など何もかもなくなった時、私はどこに心動かされ惹かれるんだろう?と、そんな自分のありのままの心の動きをキャッチしたいという気持ちでニューヨークをはじめ、国内外問わず様々な場所に足を運び、色んな人たちと出会いました。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

イータレントバンクの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク