武藤千春、グループ卒業後も変わらない“原点”音楽への想い明かす「見たことのない自分に出会えた」

武藤千春、グループ卒業後も変わらない“原点”音楽への想い明かす「見たことのない自分に出会えた」

武藤千春、グループ卒業後も変わらない“原点”音楽への想い明か...の画像はこちら >>



2014年までダンスグループE-girls・Flowerのメンバーとして活躍され、2015年からは、“女の子が発信するメンズファッション”という新しい試みのユニセックスストリートブランド「BLIXZY(ブライジー)」のトータルプロデュースを行う武藤千春さん。



現在は東京と長野県小諸市での二拠点生活を送り、ご自身で農業に取り組みながら、フードロス課題解決に向けた規格外野菜のレスキュー活動も行うなど、「有言即行」をテーマに、新しい生き方や価値観を発信されています。



そんな武藤さんに、今回はグループを卒業後に音楽活動を再び始めたいと思ったきっかけや、初めて挑戦されたという楽曲制作などについて伺いました。
 
ーー昨年12月には、サウンドプロジェクトのクラウドファンディングを開始されました。また音楽を始めたいと思ったきっかけはなんですか?
 
幼い頃から母親の影響でブラックミュージックばかりを聴き、小学生からは歌とダンスを習い始め表現する楽しさを知り、10代はアーティストとして活動し音楽に全てを捧げてきました。やはり私の原点は音楽です。



武藤千春、グループ卒業後も変わらない“原点”音楽への想い明かす「見たことのない自分に出会えた」



19歳でグループを卒業してからは一度は音楽という場から離れてしまいましたが、以前担当していたラジオ番組の中で立ち上がったサウンドデザインプロジェクトを機に「やっぱり音楽で自分を表現するって楽しい!」と気付きました。そんなことを思っているうちに、自然と曲が書けるようになり、素直な気持ちを音に乗せることができたので、これを形にして届けてみよう!と、一歩踏み出してみることにしました。
 
ーーこのサウンドプロジェクトでは、武藤さんが作詞・作曲されたオリジナル曲が披露されます。楽曲を作成したことがなかったとのことですが、楽しかった・苦労された点など何かありますか?
 
楽曲を作っている時はリリースすることは考えていなかったので、格好つけずに見よう見まねで作っていたんですが、これがとても楽しくて。SNSやブログなどで自分の想いを言葉にすることは昔から好きだったんですが、やはり不特定多数の方が見る場所なのでどうしても綺麗で当たり障りのない言葉を選んでしまう。でも音楽の中ではもっと自由にありのままの言葉を音に乗せることができて、今まで見たことのない自分に出会えたような気がします。書き始めると結構スラスラと、あっという間に曲が出来上がりました。歌うことはもちろんだけど、自分の想いを形にすることや曲を作ることがすごく好きみたいです。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

イータレントバンクの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク