Rakuten Music、『2022年上半期ランキング』を発表!Aimer「残響散歌」が快挙

Rakuten Music、『2022年上半期ランキング』を...の画像はこちら >>



楽天グループ株式会社が運営する、定額制の音楽聴き放題サービス・Rakuten Musicにて集計された『2022年上半期ランキング』が、6月27日に発表された。



Rakuten Music『2022年上半期ランキング』では、YOASOBIやOfficial髭男dism、あいみょんといった実力派アーティスト達がトップ10入りするなか、Aimer、マカロニえんぴつといったこれまでのランキングとは違った顔ぶれが並んだ。



堂々の1位に輝いたのは、Aimerの「残響散歌」。同楽曲は、2021年12月から2022年2月放送のTVアニメ『「鬼滅の刃」遊郭編』のオープニングテーマとして、原作の世界観そのままに力強く歌い上げられた一曲だ。アニメの主題歌が1位を獲得するのは、2019年よりRakuten Musicが上半期・年間ランキングを発表し始めて以来初となり、ここ数年のアニメ人気の高まりがうかがえる。



2位と3位には、優里の楽曲がランクイン。2位にランクインした「ベテルギウス」はTVドラマ『SUPER RICH」の主題歌としても話題になった楽曲。昨年の年間ランキングに続きランクインとなった『ドライフラワー』は、SNSを中心に根強い人気を集め、ロングヒットとなっている。



また、6位には、今年1月にメジャー1stフルアルバムをリリースしたマカロニえんぴつの「なんでもないよ、」がランクインし、10代・20代のZ世代を中心とした人気ぶりに今後も期待が高まる。