紗栄子「一瞬にしてファンがいなくなった」“相当なトラウマ”になっていることとは?「10代の時…」

紗栄子「一瞬にしてファンがいなくなった」“相当なトラウマ”に...の画像はこちら >>



8月29日、紗栄子が自身のYouTubeチャンネルを更新した。



動画中、好きな音楽の話題になり、その流れで“チャンネルの楽曲を作ろう”と振られると、紗栄子は戸惑った様子を見せ、「知らないかもしれないけど10代の時テレビで歌ったのよ」「あの時、一瞬にしてファンがいなくなった」と回顧。



その後、乗り気のマネージャーが“音楽番組に出たい”と話すも、紗栄子は「出ない!」と断言し、「素人出れないんだわ。音楽番組」とツッコミ。しかし、マネージャーが「素人じゃないじゃないですか。芸歴は?」と振ると、紗栄子は「芸歴は25年」とコメントして笑いを誘った。



さらに、テーマソングを誰に作ってもらうかという話になると、紗栄子は「MINMIちゃん?長年の友達」「私の30歳のバースデーパーティーはMINMIちゃんが歌ってくれた」と明かし、周囲は盛り上がりをみせた。



そして、マネージャーから「歌も全然大丈夫です。

自信持ってください」と言われるも、紗栄子は、「知らないのよ、この平和な紗栄チャンネルの世界でぬくぬくと育ってるから。世間の厳しさをね!」と、歌には相当トラウマがある様子で話していた。