日本共産党の穀田恵二国対委員長は15日の記者会見で、立憲民主党日本維新の会、国民民主党での国対委員長代理間での協議の場を設定するとの方向を示したことに関して、立憲の馬淵澄夫国対委員長から「本意ではない。誤りだった」と謝罪と撤回があった旨を明かした。


 立憲の泉健太代表はツイッターで「この件について、我が党の国会対応に問題があったことから幹事長と国対委員長に是正を指示いたしました。立憲民主党は国会で野党各党を代表して与党側と交渉する立場として、共産党を除外することも、維新と組むことも、考えておりません」と発信した。


 この問題に関しては共産の志位和夫委員長、小池晃書記局長らが相次ぎ「維新は自民党公明党の補完勢力」と共闘対象から外してきた経緯を踏まえ、強く問題提起していた。


 馬淵氏は「配慮に書いた行動で、結果として、不快な思いをさせた。お詫び申し上げたい。今後、すべての政党と(1対1での)会談を重ねながら、信頼関係を築いていきたい」と野党第1党としての仕事を果たしていくとの考えを述べた。(編集担当:森高龍二)