魚の「浮き袋」は進化上の発明である カギを握るのは「腹側」から「背側」への遺伝子スイッチの切り替えだった

 魚には「浮き袋」という器官がある。これは進化上の大きな発明であるという。生物の形態進化には、アミノ酸をコードする翻訳配列の変化より、遺伝子発現を調節するエンハンサーなどの制御配列?変化のほうが深く関わっていると考えられている。翻訳配列の変化が複数?組織において重大な影響を与え得るのに対し、特定の組織だけで働くエンハンサーの変化は他の組織への影響なしに形態変化を生ずることが理由と考えられる。特に、遺伝子がこれまで発現のなかった部位で発現すると、新しい形態の獲得に繋がるため、新規発現パターンを誘導するエンハンサーの出現は、形態進化に重要な働きを持つと考えられてきた。しかし、そのような例が実際に示されたことは希だった。


 陸生動物は、肺を使って空気呼吸をするが、鰓呼吸する魚は、肺の代わりに浮力調整用の浮き袋を持っている。肺と浮き袋は、消化管からみて腹側から形成されるか背側から形成されるかの違いはあるが、解剖学的根拠および系統解析から、もともとは同じ構?から進化した相同器官であり、共通祖先の原始的な肺から浮袋が進化したと考えられている。しかしながら、どのようにして肺から浮袋への進化が成立したかはあまりわかっていなかった。


 情報システム研究機構国立遺伝学研究所 哺乳動物遺伝研究室 嵯峨井知子博士研究員と城石俊彦教授らのグループは、遺伝子のスイッチであるエンハンサーの進化、つまりアミノ酸配列にかかわらないゲノムDNA塩基配列のわずかな変化が、陸生動物の肺から魚の浮袋という大きな形態進化の背景にあったことを明らかにした。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2017年2月12日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。