安倍政権下で続く「後付け」説明 

       

 安倍晋三総理の法の原則(特別法が一般法に優先)の無視や法の安定性の無視(安易な法解釈の変更)が総理答弁との整合性をとらせるため、行政当局に答弁修正や撤回、不可解な説明を繰り返させている。安倍政権下で「後付け」説明が続く。


 19日の衆院予算委員会でも立憲民主党の山尾志桜里議員が東京高検の黒川弘務検事長の定年延長をめぐる安倍内閣の対応を質す中で人事院の「解釈変更」に対する苦しい答弁があった。


 山尾議員は記者団に「1月22日の時点で議論になり、解釈は変わったという今日の答弁は2月12日の時点で人事院がおっしゃっていた『現在までもこの論点について議論はございません。現在までも同じ解釈を引き継いでいます』という答弁とまるっきり矛盾する」と指摘。


 山尾議員は「2月13日に総理が『解釈を変えました』と発言したため、つじつまが合わず、解釈を変更した上での人事でないと黒川検事長の定年延長が『違法』ということになってしまうので、無理筋のストーリーを作り、人事院がお付き合いをさせられているから、過去の正しい答弁と矛盾が生じているということだと思う」と安倍総理の答弁に合わすためにつじつま合わせの無理な答弁をしていると問題を投げた。


 黒川検事長の定年延長のための閣議決定については自民党石破茂元幹事長も「何故一般法である国家公務員法が特別法である検察庁法に優先するのか」と強い疑問を呈し「検察官同一体の大原則を超越できる理由とは何か、仮に国家公務員法が優先するとしたとしても、上級庁である高等検察庁検事長の定年を延長すべき特別の具体的理由とは何であるのか、納得できる説明が必要」と問題提起している。


 さらにこの問題を巡っては「審議をほとんど全て聞いている国会議員がよくわからないのに、国民に解って頂くのは至難と言わざるを得ず、事柄が国民を起訴するという強大な権限を有する検事に関わるものであれば、尚更説明が求められます」と政府側に国民が理解のできる説明をする必要を求めている。多くの国民の立ち位置からの当然の疑問提起だ。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

安倍晋三のプロフィールを見る
エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「安倍政権下で続く「後付け」説明 」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    安倍のは自分にだけ都合いい様に如何にも正しい事の様に改竄捏造した言い逃れ。

    2
  • 匿名さん 通報

    自分の記憶を改竄しても 他国の記事 記憶は消せないよ(笑)例 安倍「万全です」 原発輸出 全滅~~(笑)

    2
  • 匿名さん 通報

    コロナの拡散拡大で手遅れ状態なのを圧力かけ隠蔽。感染発症してる人間は実際の発表の数倍いるだろう。コロナ以上の病原菌でしかない安倍始末すりゃ抑止できるんじゃない。

    1
この記事にコメントする

「安倍晋三 + 中国」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

「安倍晋三 + ドナルド・トランプ」のおすすめ記事

「安倍晋三 + ドナルド・トランプ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「菅直人」のニュース

次に読みたい関連記事「菅直人」のニュースをもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月21日の政治記事

キーワード一覧

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。