政府は2021年版防衛白書で「台湾情勢の安定は、わが国の安全保障や国際社会の安定にとって重要」と明記し「一層緊張感を持って注視していくことが必要だ」とした。


 岸信夫防衛大臣は13日の記者会見で「台湾をめぐる情勢は近年、中国が軍事力強化を急速に進める中、中台の軍事バランスは全体として中国側に有利な方向に変化している」とし「その差は年々大きくなっている」と語った。


そのうえで「中国は台湾周辺での軍事活動をさらに活発化する動きがある。こうした情勢において、米国は台湾への武器売却、米軍艦艇による台湾海峡通過といった、トランプ政権以降に台湾への関与をより深めていく認識を示し、バイデン政権においても、台湾を支援する姿勢を明確にする中で、中国は米国に対して、反発を示しているところだ」とし「(白書では)こうした具体的状況を客観的に分析し、令和3年版の白書において、指摘のような記述を掲載した」と述べた。


岸大臣は「防衛省としては、台湾をめぐる情勢の安定は、わが国の安全保障にとってはもとより、国際社会の安定にとっても重要であり、わが国としても一層緊張感を持って注視していきたい」と語った。(編集担当:森高龍二)